ちょっと旅してくる

わが身ひとつで気ままに生きる。

家のこと004 ニトリのバーチカルブラインド

10畳のリビングダイニングキッチンって、想像するよりも全然狭い。

アパートのロールカーテン&ブラインド生活はシュッとしていて良かったけど、かといって3枚ある居間の窓ガラスそれぞれにブラインドつけたら開閉が面倒なことこの上ない。いろいろ調べて、会社の窓とかで使われてる縦型のブラインド、バーチカルブラインドがいいかなと思い始めた。

ニトリのバーチカルブラインドはかなり良心的な価格だとの情報を得て、店舗に行ってみた。バーチカルブラインドはホームページには載ってないし店頭にもサンプルが出ていないけど、カーテン売場で声をかけるとカタログを見せてもらえる。写真撮影もOKとのこと。

 

f:id:snusmumriken2016:20200424073913j:image

普通のやつ。色数はかなり多い。全体的にパッキリした色。
f:id:snusmumriken2016:20200424073910j:image

お値段はこんな感じ。

f:id:snusmumriken2016:20200424073934j:image

こちらは遮光。色味は少し彩度低め。お値段は少々お高め。

f:id:snusmumriken2016:20200424073938j:image

ちなみにニトリの場合、採寸と取付は指定業者に依頼する必要があるらしい。窓の形状や枠の強度によっては設置できない場合もあると言われた。

 

①採寸申込み…訪問料金を支払い、採寸予約を取ってもらう。

②採寸…実質滞在時間は5分前後。ブラインドの開き方をどうするか聞かれた。

③商品決定…指定業者がニトリに数値を報告。お店から電話連絡があったら、お店へ赴く。布の色や種類や開き方を決めて商品代金と取付代金を支払い、取付予約を取ってもらう。

④取付…商品を持って指定業者が訪問、取付。作業時間は30分前後。

 

可動域を広くしたかったので、左右どちらからでも開けるようにバトンを追加してもらった。この両開きオプションはニトリの商品では出来なくて、トーソー?だったかな?のカタログから注文した。パッと見けっこうなお値段で、エー!だったら片開きでいいかなぁと思ったんだけど、他社商品でも「ニトリ経由注文割引」みたいなのがあるらしく、カタログに載っている金額よりもだいぶ割安になった。もし他社商品で気に入ったものがあれば試算してもらって検討するのもいいかもしれない。

 

ニトリのカーテン売場の店員さんは私の「こんな窓で、こうしたくて…」みたいな説明をちゃんと聞いて、それはこっちのカタログにあったはず…とかちゃんと調べて説明・提案してくれて、とっても良かった。

いままで『お、ねだん以上』の広告聞いても「…値段相応じゃね?」とか思ってたけど、店員さんと一緒に選ぶ注文系については『お、ねだん以上』だった!!

 

ちなみに①~④までは約1か月ぐらいかかった。バーチカルはすべて特注扱いらしい。早いのか遅いのかはよくわからないけど、もし新居につけるなら余裕を持って注文するのがいいと思う。

 

そして取り付けの済んだバーチカルブラインドがこちら!!

f:id:snusmumriken2016:20200419115243j:image

開き度50%ぐらいで正面からはこんな感じ。うん、良い!

バーチカルブラインドを選んだ理由はデザイン以外にもう一つあって。設計上、隣室のベランダや専用庭から私の部屋が覗ける構造なのだ。左方面からの視線を遮りつつ(正面は気にする必要がない立地)外の明るさを取り入れるにはバーチカルがベストでは?という考えで選んだんだけど大正解だったわー。


f:id:snusmumriken2016:20200419115247j:image

上の写真と同じ開き具合で、斜めから見るとこんな感じ。外は全然見えないのに、室内が明るい!

ちなみに元から設置してあったカーテンレールはバーチカルブラインドを取りつけに来た業者さんに取り外してもらい、一層スッキリした。木枠に穴が空いてるので、ねじフックをつけてちょっとしたものを吊り下げたりして使おっと。

 

なお、お値段は採寸・取付工賃込みで57,584円。大満足っ!

バーチカルブラインドつけたいな〜という人の参考になるといいな。

 

家のこと003 無印良品のノンプリーツカーテン

センスがない上に面倒くさがりなので、シンプルイズベストを心がけている。服装も、化粧も、家の中も。

前の家はカーテンをつけず、ロールスクリーンを使っていた。保温性は低かったが、シュッとしていて見た目は良かった。新居もなるべく圧迫感を減らしたいと思い、寝室になる予定の6畳間は無印良品のノンプリーツカーテンにした。

 

f:id:snusmumriken2016:20200323132905j:image

 

寝室なので遮光タイプを購入。 遮光力(?)はこんな感じ。

 

f:id:snusmumriken2016:20200328184529j:image

 

マンションでもシャッターがついてたらいいのにね、防犯性能も高まるし。シャッター付き建物での生活が長かったので、全然暗くならないなーというのが正直な感想。そりゃ隙間もあるしね。陽が登るにつれて少しずつ部屋が明るくなるというのは自然で良いのだろうと思う一方、やっぱり暗い方がよく眠れる気がするので、そのうちカーテン以外の対策を考えようと思う。

 

カーテンの折りジワは吊るしておいたらそのうち伸びるのかしら。スチームでもあてた方がいいのかしら。レースカーテン(備え付け)はノンプリーツじゃないんだけど、これは室内から見るとあまり気にならないので、ひとまずそのまま。

 

家のこと002 エアコンは白くまくん

アパートのエアコンは大家さんのものなので、新居用に買う。LDK用(10畳)と寝室用(6畳)の2台必要。希望する条件は以下の通り。

①掃除がしやすい

②操作が簡単

③なるべく単純(壊れにくい)

 

とりあえず下見〜とばかりにヨドバシカメラに行って値段の高さにガクプルした。デジタル機器が安くなる一方で、白物家電はどんどん高級化してるなあ…。最上級機種なんて30万近くするじゃないの!

 

家電は今までリサイクルショップで買ったり、運よく友達にもらったりし続けていて、自分で買ったことがあまりないのでとにかくなんでこんなに高いの!と思って動揺した。でも、新居に関する買い物は、やっつけでしないことを決めている。いったんヨドバシカメラを出て、カフェでいろんなメーカーのパンフレットを見比べた。

 

フィルター自動清掃機能がついていないエアコンは安いけど、そういうのは2週間に一回のフィルター掃除が基本で、ちゃんとやらないと冷房効率がすぐ落ちてしまうらしい。昔のなんか半年に一回で良かったのに。性能が上がるとデリケートになるなぁ。

 

帰り道、一応チェックしとくか~ぐらいの感じで近所のノジマに寄ったら二度見するぐらい安かった。同じような量販店でもこんなに値段が違うの??決算期のせい?どの機種もヨドバシカメラより2万円ぐらい安い。

翌日、隣駅の大きいノジマに行ってさらに見比べて、日立の白くまくんを買うことにした。最初は自動清掃のないDシリーズを買おうと思っていたけど、フィルターの形とはまり方が複雑で「これは絶対掃除しなくなるパターン…!」と思って、Wシリーズを買った。凍結洗浄とかクリーニング機能がよさそうだったのと、リモコンが単純でわかりやすいのが良い。

 

ノジマでの購入価格はこんな感じ。

RAS-W22J(6畳用)¥87,780-

RAS-W28J(10畳用)¥109,780-

 

ちなみに同日の価格.comはこんな感じ。

f:id:snusmumriken2016:20200323012910j:image

f:id:snusmumriken2016:20200323012923j:image

 

10畳用は店頭価格が明らかに価格.comより安い。ノジマは標準工事費込み金額なので、実質的には6畳用も価格.comより安い。ポイントもつくし、ノジマすごくない?

 

さて設置当日。室外機が思いのほか大きくて(ベランダが狭いとも言う)標準工事の平置きにするとどちらかの部屋の窓が一枚潰れてしまうことが判明した。

エアコンラック自体は備え付け…というか前所有者の残置物がベランダにあったので、追加料金を払って二段置きにしてもらった。

 

f:id:snusmumriken2016:20200328184616j:image

外壁についている固定用金具が少々錆びている。台風ぐらいなら室外機の自重で持ちこたえるだろうけど、震度7とか来たら折れて倒れるかも。でもベランダの行き来のしやすさには代えられない。

室外機二段置きの追加料金が約1万円、その他断熱材や配管カバーなど不足部品の追加料金が約5千円。作業員さん2名で2時間半ぐらいだった。

 

物件選びの当初、もう少し広い部屋の方がいいかなとか、もう一部屋あった方がいいかなとか考えたことがあった。でも部屋が多かったり広かったりすればするほど、光熱費やら維持費が高くなるということをエアコン購入時に目の当りにして、やっぱり自分が生活するのにジャストサイズの物件で良かったなと思い直した。

 

さて白くまくんの性能。特にうるさいわけでもなく、乾燥しすぎることもなく快適。静かにしている時だと、センサーアイの稼働音が少し気になるかな。この部屋の適温が何度なのかわからないので、これっきりボタンしか使っていない。4時間以上運転した日は、電源を切るとサカサカサカ…とフィルターを掃除している音が聞こえる。エアコンの中に小人が住んでいて、箒で掃除をしている様子を想像してちょっと楽しい。

 

(家電量販店へ行ったのは外出自粛要請より前です)

 

家のこと001 中古マンションを買った

今のアパートにこれといって不満はないけれど、かれこれ15年の一人暮らしで払った家賃を考えたり、長期出張で半年間ほぼ空き家になったりしているうちに

「うーん、引っ越そ。マンション買お。」

という気分になってきた。

 

平日はずっと宿泊を伴う出張なのでネットでの調べものしかできず、実際に動けるのは土日のみという生活だったけど、こんなスケジュールでマンションを買った。

 

2/7 物件探し開始

2/9 内見申込み

2/15 内見

2/16 住宅ローン仮審査申込み(仲介業者提携会社)

2/20 仮審査通過

2/23 購入申込書提出

2/26 金額交渉成立

2/29 手付金支払

3/3 引越し業者決定

3/9 住宅ローン本審査通過

3/15 住宅ローン契約締結

3/27 物件引き渡し

4/4 引越し

 

☆物件選び

・新耐震基準

・現在の最寄駅から徒歩10分以内、もしくは隣駅(巨大)から徒歩15分以内

・30㎡以上

・バストイレ別

・工夫すれば楽器が弾ける

楽器以外はさほど厳しい条件ではないけれど、ファミリー向けの物件が多い立地なこともあり、選択肢はあまり多くなかった。

 

☆片づけ

内見申し込みと同時に片付け開始。土日しか家にいないとゴミを捨てるのも一苦労。

さすがに10年近く住むと持ち物が増える。まずは部屋を片っ端からチェックして、新居に持っていかないものを捨てる。整理整頓できているのと、すべて必要なものかは別問題なのだ。きっちり収納されたプレステ2&ソフトとか出てきてびっくりした。久しぶりに本・漫画をブックオフの宅配買取に出し、使用頻度の低いものは早々と段ボールに詰め、粗大ごみ回収を申し込む。

 

☆住宅ローン

何社か仮審査を申し込み、メイン口座がある地銀で組むことになった。頭金が必要だけど、定期預金を解約してもお釣りが来るほど金利が安かった。口座を増やさなくて済むのも楽でいい。

 

☆引っ越し

一括見積もりサイトで比較。ものすごい数の会社から電話がかかってきたけど、仕事中でほとんど取れなかった。口コミが良く、最初のメールに概算を記載してくれた業者に依頼。2tショート&作業員3名、44,000円。

 

☆仲介業者

最寄り駅に支店を持つ業界大手に依頼。不動産業界の繁忙期だったせいもあり、いろんな手続きを急かされた。「今日も内見があったようです」とかメールが来たりもしたけど、ちゃんと自分が納得できるよう必要な時間はかけたほうがいい。中古物件はすべてオンリーワンなだけに運とタイミングな面もあり、どんなに気に入っても他の人に押さえられてしまうことはあるから。

でも結果的にこの仲介業者で良かったと思う。最後の物件引き渡し以外は全て土日に対応してくれたし、普段のやり取りはほぼメール、可能な限り色々代行してもらって、楽させてもらったなーと。

 

会社の住宅補助なしでずっと一人暮らしなので、貯金は決して多い方ではない。けど、自分の生活をひとりで成り立たせてきたことに誇りを持っているし、いままで海外旅行や習い事などやりたいことを好きにやってきたし、ローンも組めたし、貯金がなくても特に後悔はしていない。

 

買ったのは、専用庭のある40平米ほどの1LDK(フルリフォーム済み)。家を買うのは人生の一大事なはずだけれど、なんとなくピンと来ないのは物件価格が安くてローン負担が軽いからかもしれない。就職氷河期世代だからかな?いろんな意味で、人生に多くを求めていない。周囲と比較せず、無理せず、そこそこ楽しくやっていければいいかなと思っているので、私にはこのくらいで十分。

 

f:id:snusmumriken2016:20200419120253j:image

八重山で取れたスイジ貝。沖縄ではおうちの魔除けに使うそうで、大きいのをもらった。

新居に一番最初に持ち込んだのはこれ。

旅グッズ紹介②コンバース オールスターライト

つい長距離&長時間歩くハメになりがちな旅行において、クッション性が良く疲れない靴は絶対に必要。だけど、いわゆるウォーキングシューズと銘打たれたモッサリした靴を履くほどまでは割り切れないお年頃。旅靴選びはいつも難しい。

 

コンバースはゴムソールが重いので敬遠していたのだけれど、いつからか軽素材のものを見かけるようになった。学生時代ぶりに買って履いてみたら思いのほか良かった!

あのティンバーランドでさえ軽素材のブーツを出し始めているわけだし、「昔ながらの製品の良さ」とソールが重いことに相関関係はないと思う。ライトはアウトソールの軽量化だけでなく、インソールのクッション性も十分。ヨーロッパの石畳やガタつきがちな東南アジアの路面でも安心な感覚。

f:id:snusmumriken2016:20191021001737j:image

 

久しぶりに買ってびっくりしたのは、靴のベロと本体が幅広ゴムでつながれていたこと(これはバージョンにもよるのかもしれない)。スリッポンとして履くこともできるよ!ってことなのかな。

昔はベロにカッターで穴をあけて靴ひもに通して、ベロが潜らないようにしてた。進化してるじゃんコンバース

 

キャンバス地は汚れと雨に弱いけど、濃い色のものを買って防水スプレーをこまめにかければある程度の綺麗さは保てると思う。あと軽素材オールスターの防水バージョンも出てるので、長靴代わりに買おうかなー。

 

 

 

 

 

 

ミャンマーの旅 番外編② 中国に荷物を送る

ミャンマーで一緒に旅したリウは、中国に住む医師だ。近頃の新型コロナウイルス報道でそれを思い出し、武漢からの距離などさっぱりわからないながら「そっちは大丈夫?マスクとかあるの?」と久しぶりにメールを送ってみた。

今は大丈夫だけど、マスクはやっぱり全く買えないらしくて、できれば送って欲しいとのこと。

 

マスクは日本でも品薄だ。出張先の大阪で探してみるも、なかなか見つからない。逆に50枚入りの大箱を見つけたのに移動中で買えなかったり。私も住所不定気味なのでなかなか難しい。

結局、週末自宅に帰ってコストコに行って買った。さすがのコストコも一人一箱までと個数制限していて、あっという間に売り切れた。150枚入り、1,500円。

性能は抗菌程度のようだけど、ないよりはマシだよね。

 

f:id:snusmumriken2016:20200202092812j:image

家に帰り、丈夫なショップ袋を解体して梱包。潰れたところでマスクなので箱のまま送ってもいいんだけど、このご時世だと盗まれたりしそうなので。

 

送り方は簡単。郵便局でEMSの伝票に記載して出すだけ。税関関係の書類は不要(品物が安いから)。送料は2,400円だった。

今私がしてあげられることはこれくらいしかない。この問題が早く片付き、また自由に旅できる日が来ることを願っている。

 

 

長期出張週末旅②神戸異人館・太陽の塔

今日は神戸の山の手、異人館に行く。

三宮駅からの行き方がよくわからず、タクシーに乗ったら一番上まで連れて行ってくれた。朝イチ以外は混んでいて入らないらしい。

 

観光案内所の前で降ろしてもらい、まずは「風見鶏の館」へ。ドイツ人豪商の邸宅として建てられたとのこと。

 

f:id:snusmumriken2016:20191201161424j:image

風見鶏は下に降ろされている。シンボルなのに…!


f:id:snusmumriken2016:20191201161119j:image

すっごく広い子供部屋。ホリデーシーズンのデコレーションがかわいい。このエリアには外国人学校ができる程度には外国人がいたらしいけど、今よりもっと閉鎖的だったであろう日本で暮らすのはどういう気分だったんだろうか。

 


f:id:snusmumriken2016:20191201161517j:image

続いて「萌黄の館」。ライトグリーンの外装に煉瓦の煙突がかわいらしい。


f:id:snusmumriken2016:20191201161107j:image

舶来品、と呼びたくなるような品々が並ぶ、いい雰囲気。


f:id:snusmumriken2016:20191201161056j:image

「萌黄の館」は「風見鶏の館」よりも空いていて見やすい。各部屋の雰囲気も萌黄の館の方が好きかなー。


f:id:snusmumriken2016:20191201161103j:image

各部屋に暖炉があって、日本画風のタイルがはめ込まれている。洋風と和風がいい感じに混ざっていて、これぞ洋館!


f:id:snusmumriken2016:20191201161139j:image

置物もいい感じ。いいなーこんな部屋住んでみたいなー。


f:id:snusmumriken2016:20191201161124j:image

お次は「うろこの館」。これはあんまり良くなかったなー。

まず、外観が見えないように敷地をぐるっと樹木で囲んでいるのが感じ悪い。で、入り口でも他の館との共通券をゴリ押し。入ってみたら、本来の「うろこの館」の隣にそっくりな建物が建っていて、本来の方に訳の分からんデコレーション。私は純粋に建物が見たいんだけど…。


f:id:snusmumriken2016:20191201161153j:image

内装も統一感がない。美術館的なものを目指しているっぽいんだけど、単にとっちらかった感じになってる。

異人館エリアに行って感じたのは、空きテナントも多くて寂れてる場所も多々あるなってこと。その中でうろこの館を所有しているグループ企業は複数の洋館を管理して、お土産屋とかもたくさん運営しているみたいで、頑張っているとは思う。けど、なんか雰囲気を崩しているというか…。

やっぱり、元々あるもののポテンシャルを活かせる範囲はある程度の限度があるんだと思う。商業的な視点だけで拡大しちゃうと、バランスが崩れて少し観光客が減っただけで揺り返しがすごいんだ。

 

私の出身地もソコソコの観光地で、今はオーバーツーリズムに近いことが起きているけど、ちょっとやり方をまちがえたらこうなっちゃうのかも…。。と怖くなった。静かだった時代に戻るのではなく、寂れちゃうってのが怖い。


f:id:snusmumriken2016:20191201161133j:image

異人館エリアのスターバックス。写真を撮る人は多いけど、中に入る人は少ない、なぜだ!!と言いつつ私もお腹が空いていて、お茶という気分ではなくご飯を食べたいので、入らず。

 

神戸に来たからには神戸牛が食べたい!でもそんな高いところには入れない!ので、ネットで調べてお手頃感のあった「ステーキランド神戸」へ。


f:id:snusmumriken2016:20191201161357j:image

目の前で焼いてくれる鉄板焼きステーキ!久しぶりに贅沢ー!上等だー!

 

さて。一番最初に大阪出張になった時から私はずっと見たいものがあった。それは「太陽の塔」。

太陽の塔は1年ぐらい前から内部公開されるようになり、確かそのころ「美の巨人たち」で放映されてそれからずっと見て見たかったのだ。

大阪に来た最初の週末、さあ行こう!と思ったら内部に入るには前日までに予約が必要であっけなくNG。次は行きたい日になかなか予約が取れない。というわけで、結果二ヶ月ほど経過して満を持しての訪問となった。


f:id:snusmumriken2016:20191201161149j:image

バーン!これが太陽の塔だ!!

前が芝生で人が入らないのがまた良い!

これ実は、モノレールで万博公園に近づくと既に外から見えていて、もうその時から迫力にやられてワクワクしまくっていた。


f:id:snusmumriken2016:20191201161547j:image

太陽の塔、背中側。黒い太陽がいる。


f:id:snusmumriken2016:20191201161407j:image

脇から見上げる太陽の塔


f:id:snusmumriken2016:20191201161111j:image

予約時間になると、まずは地下の入り口から入場する。地下には太陽の塔の第四の顔と言うべきモニュメントがある。これは万博後紛失してしまい、最近作り直されたもの。


f:id:snusmumriken2016:20191201161144j:image

内部はこんなかんじ。ゆるめのガイドツアーがあって、一定の人数が一緒に進んでいく。大阪万博当時は中にエスカレーターがあったらしい。地球上の生物の進化を表していて、下部はアメーバ類、上部に行くにつれて恐竜、哺乳類と変わっていく。


f:id:snusmumriken2016:20191201161128j:image

太陽の塔、すごすぎてうまく表現ができないけどすごく感動した。

大きな建造物というだけじゃなくて、生きるエネルギーみたいなものが溢れていた。これは大阪滞在中もう一回ぐらい行きたいなあ!

 

ショップで太陽の塔グッズを買いあさって帰路に着く。

今日もいい一日だった。