ちょっと旅してくる

わが身ひとつで気ままに生きる。

沖縄本島の旅 4日目

渡沖の目的を果たしたので、いささか開放的な気分で朝から壺屋散策に出かける。

f:id:snusmumriken2016:20180718004057j:image

伝統的なもの、モダンなもの、可愛らしいもの、渋いもの…曲がりくねった道に沢山のお店とたくさんのやちむん。いいなぁ、かわいいなぁ。時間をかけて回ったらさぞ楽しいだろうな。小鉢のようなお皿をひとつ買った。f:id:snusmumriken2016:20180718004054j:image

しばらく先だけど先生が国立劇場おきなわの公演に出るらしい。いいなー見たいなー。飛行機取れるかなぁ。打ち合わせがあるというので劇場まで送っていき、しばらく待機。

先生の師匠のおうちに挨拶に行って、予定していた用事は全部済んだ。時間がたくさんあるので今帰仁城に行くことにした。

f:id:snusmumriken2016:20180718115759j:image

今帰仁城那覇から高速使って車で約二時間。10年以上前に行った首里城以来の沖縄のお城だ。この曲線を描く独特な石垣の積み方はどこからきた発想なのだろう。敢えて言うなら万里の長城
f:id:snusmumriken2016:20180718115755j:image

小高い丘にある今帰仁城は集落と海が見渡せ、暑いけれど風が心地よい。昔の王様はここから領土を見下ろしてそれはそれはいい気分だっただろうな。

 

また二時間かけて那覇に戻る。レンタカーを返し、国際通りにごはんを食べに行く。観光客向けのお店が多すぎて、どこにでもありそうな居酒屋や食事処を見つけるのが大変だ。コンクールのこと、舞台のこと、これからのこと…ごはんを食べながらだらだらお喋りをする。今年は今後も何度か沖縄に行く機会がありそうだけど、肝心のお稽古ができる時間が取れないんだよなぁ。

 

ほどほどの時間に解散。宿に帰って少々荷物の整理などする。持ち物はさほどの量はないけれど、同じところに4泊もするとどうしても服のたたみ方が雑で膨らんだり、日用品があちこちに置いてあったりする。それを出発当日に片付けようとすると絶対忘れ物をするので、もう使わないものはなるべく前日のうちに仕舞い、ゴミはひとまとめに。要・不要にかかわらず目に入る情報が少ない方が片付けは楽だし忘れ物もしにくいなーというのが私の経験則。

沖縄も今夜が最後だ。

 

沖縄本島の旅 3日目

三線の世界にはコンクールというものがある。今回はコンクールのために沖縄に来た。そして今日が私の本番で、人生最後のコンクールだ。

 

大賞部門は出番が遅いので、出発も遅い。朝からマンゴーをむいて食べたりのんびり。先生を迎えに行き、たわいない話をしながら会場へ向かう。

先生は先生なりに弟子に気を使ってくれているらしく、寄ったドラッグストアでユンケル黄帝液を買ってくれようとする。しかし私はルーチンを重視するタイプ。ユンケル飲んで唄がうまくなるわけでもなかろうし、慣れないことはしたくない。結局リポビタンDを買ってもらったけど、飲まず(笑)

 

サンドウィッチで軽く腹ごしらえし、いつもと同じ手順で声出しをして、一回だけ先生の前で唄う。一年ぶりの対面練習一回で本番に臨むのはもちろん一般的ではないと思うけど、そんなに無茶してるというつもりもない。

 

お恥ずかしいことに自分では着付けも髪結いもできないので、みんな他の人にやってもらった。今日髪結いをしてくださった方は出場者のお母様でとにかく手際がいい!ヘアクリームもほとんど使わず、髪を解いた後がすごく楽だった。

前回はゴッテゴテにメイクされたので今回もそうかと思い薄化粧で行ったらメイクは特になく、時間もないので普段と同じ顔で出ることになった。

 

すぐ時間となり舞台裏へ。さすがに大賞ともなれば待機中の付添人も静か。前の人の演奏を聴きながらぼんやり待つ。

 

自分の出番。緊張して声が小さくなるのは織り込み済みだが、二番に入る時に腰から三線がずり落ちた。ポジションがずれて違う弦を弾いてしまい内心ギャー!!ブザーは鳴ってない。もう失格になっているかもしれないけど、このまま行けるところまで行こう。

後半になればなるほど緊張する傾向にあるけど、このミスのせいで開き直って逆に普段通りできた気がする。

 

終わって外に出ると、著名な先生からどこかの知らない人まで「…さっきあれ三線落ちたの?」と声を掛けられ苦笑い。そーだよね、大賞という大舞台でそうそうやらかすミスじゃない。本当に、舞台では何が起きるかわからないものだ。

 

結果を待つ必要ないかな、でももしかしたら失格にはなってないかも…と悶々としてる間に結果発表が始まった。結果は歌唱賞。うーん二位…!一位狙って出場したので残念な結果ではあるけど、あのミスで失格にならず減点で済んで二位ならそう悪くはないかと思い直す。

喜んでいいのか悲しんだ方がいいのかよくわからないビミョーな感じで私のコンクールは終わった。

 

先生とジミーでごはんを食べる。ジミーってお菓子屋さんと思っていたらごはんも食べれると言われたので来たらビュッフェレストランだった。特に沖縄的なものはない。でも、滅多に会えない先生とごはん食べながらアレコレ話す時間は貴重だ。

 

はあ、今日まで色々頑張った。今夜はご褒美に富士屋ホテルの高級シートマスクを使って就寝。

 

沖縄本島の旅 2日目

食事は旅の楽しみのひとつ。今日の朝ごはんは…

f:id:snusmumriken2016:20180715163427j:image

魚市場「泊いゆまち」でマグロ中落ち丼。あら汁つきで650円、満足度高し。沖縄のマグロは青森など北で獲れるマグロと比べてあっさりしている気がするな。他にも刺身や寿司、その場で食べられる焼き物などいろいろある。

 

今日は明日の出番に備え、声出しをしておきたい。会場なら練習してる人もいるから問題なかろうと一時間かけて向かい、そこで一時間ぐらい練習をして、「道の駅おんな なかゆくい市場」へ。いつもお世話になっている友達に野菜果物セットを送り、私はかき氷!

f:id:snusmumriken2016:20180715200633j:image

沖縄に行ったらやりたいことのひとつを果たした!

ここはマンゴーを買って食べたい観光客向けにプラスチックナイフを無料でくれる。ありがたやー。

 

会場に戻って今日が出番だった人と話をした。私は覚えてなかったんだけど、先方は地元で会ったことがあるとのこと。こんな遠くに来て、不思議な縁だ。

 

夜の飛行機で到着予定の先生を迎えに行くために那覇に戻る。最初は沖縄県立美術館に行こうと思ってたんだけど、なんだか眠くなってしまって宿に戻って昼寝することにした。

結局先生はお迎えはいらないとのことで明日の待ち合わせ時間だけ決めて終了。とうとう一度も稽古せず本番を迎えるハメに…。

 

宿の駐車場が狭く、夜に車を出すのが億劫だったのでまたコンビニに行った。

今夜は島豆腐とあぐー豚のサラダ、ポーク玉子おにぎりで夜ご飯。

明日に備えてのんびり過ごす夜。

 

沖縄本島の旅 1日目

沖縄に行く。

当初は10日間で石垣まで行く予定だったのだけど、仕事が忙しいので後半はキャンセル。用事を済ませることメインで、本島だけの5日間の旅になった。

f:id:snusmumriken2016:20180714162940j:image

朝からあくせくと荷造り。昼過ぎの羽田空港はなかなかの混雑で、手荷物カウンターの長蛇の列に驚いた。そうだ、今日は三連休の初日だった。連日の残業と休日出勤で曜日感覚も季節感もマヒしてきてるのかな…私は楽器を持っているので特殊手荷物カウンターへ。

f:id:snusmumriken2016:20180714162820j:image

羽田空港でISETANを見て木村屋でパンを買うのが密かな楽しみ。手土産の鳩サブレーを買う。羽田空港は本当に便利。

f:id:snusmumriken2016:20180714235830j:image

飛行機は30分ほど遅れ、沖縄は夕暮れ時。買い物がしたい気分だったので、「アウトレットモールあしびなー」に行ってみた。割とコンパクトなアウトレットで、空いていて見やすい。閉店まで時間があまりないので目当ての数店舗を見る。

続いてDFSギャラリア沖縄へ。セールの時期なので品物によっては半額からさらに免税で70%オフになっているものも!フェラガモの靴が2万切ってる…激安。

でも買い物って運とタイミングなので、いくら安かろうと欲しいものが見つからなければそれで終わり。残念ながら今回は収穫なし。

f:id:snusmumriken2016:20180715012157j:image

今回の宿は「壺屋ガーデンハウス」。ワンルームマンションをウィークリーマンション形式で貸しているようだ。ファミマの沖縄限定メニューで遅い夜ご飯。

 

RedBullAirRace2018千葉 2日目

快晴の2日目、10時開場なので9:30にゲートに行ったら長蛇の列!去年より30分早く来たけどほとんど効果なし。デラックス&室屋応援シートの人だからいい席取りたい人ばかりだよね。来年は更に早く行こう。

f:id:snusmumriken2016:20180528163703j:image

 10:20頃、やっとゲート付近まで来られた。待ち時間が暑い。

f:id:snusmumriken2016:20180528163725j:image

昨日の席とはモニターを挟んで逆サイドにした。前から4番目の列でスタート・ゴールパイロンの真ん前を確保。うむ、悪くない!大型モニターからの距離もちょうどいい(近すぎるとうるさい)。モニターの向こうにデラックスエリア専用の売店やトイレがある。このイスはすわり心地が良く、リクライニングもできて長い待ち時間に重宝した。寝転がっていられるのはすごく楽。

f:id:snusmumriken2016:20180528163801j:image

席を確保したのでマリンスタジアムの前にある展示ブースや屋台にやって来た。去年は遠くて来られなかったけど、人も屋台もたくさん出ていてすごく盛り上がっていた。グッズの売店は長蛇の列だった。 

f:id:snusmumriken2016:20180528163813j:image

ファルケンのブース。室屋さん(厚紙)と記念撮影している人多数。去年このファルケンカラーの塗装になった時はうーん微妙?と思ったけど、見慣れてくるとほかの人の飛行機と区別しやすいし空でも目立つからけっこういいかも!と思えてきた。 室屋さん応援グッズももらえる。

f:id:snusmumriken2016:20180528163825j:image

レクサスのブース。ボディに直接書くのかと思いきや、クリアシールにメッセージを書いてボディに張り付けているのだった。なるほど。

あとはアビレックスがTシャツ売ってたり、ハイネケンがビール売ってたり、ヘネシーが水割り売ってたり、モトクロスやBMXなどエクストリームスポーツのイベントもやってた。食料を調達して席に戻る。12時から2017年千葉大会の上位3選手のデモフライトがあるのだ!

 f:id:snusmumriken2016:20180528181042j:image

私のiPhoneでは飛行中の望遠撮影はまともにできないと思い知ったので、もう撮影はあきらめて肉眼でのレース観戦に集中することにした。デモフライトが終わってからround of 14の始まる14時までが長かった。暑い!黒いパンツをはいてきたことを後悔した。

f:id:snusmumriken2016:20180528163845j:image

デラックスシートからの眺めはこんな感じ。レーストラック全体が見やすい。

さて肝心のレース、ほとんどの選手が56秒か57秒台の中、今年ずいぶんと調子のいい先攻のマット・ホールが55.5秒台と好タイムをたたき出し、こりゃキツイなぁと思っていたらなんと室屋さんは最初の垂直ターンのオーバーGで失格に!!ギャー!!…そうだよね、母国開催でただでさえプレッシャーかかってるのに先攻がこんな好タイムじゃ、何としても勝たなきゃって思うよね(涙)うんうん、攻めた結果だから仕方ない。こういうこともあるよね、うんうん。

…マットのばかー!あんたが予選でもっと実力順当な位置にいてくれたらこんなことにならなかったのにー!!

 f:id:snusmumriken2016:20180528163901j:image

round of 8までの休憩時間、モニターの向こう側のデラックス&室屋応援シート。雰囲気がなんとなくしんみりしている。室屋さんが敗退したからか、帰宅する人がちらほらいてちょっとびっくり。決して安いチケットではないのに…おうちが遠いとかなのかな?

f:id:snusmumriken2016:20180528163932j:image

 round of 8の対戦表。室屋さんと同期の3人も好きなので、今日これからはこの3人を応援するぞ!ベラルデもイケメンで好き。ふふふ、好きな人たくさん勝ち進んでる。

final 4にはこの対戦表の右側の4人が進出、最終的にはマットが優勝した。マットは第2戦のカンヌに続いて連続優勝、すごいすごい!マットや大喜びでくるんくるんと何度も回転し、スモークを出しまくって飛び去っていった(笑)

マットの優勝は室屋さんファンにとっても良かったと思う。だってさ、優勝する人と初戦で当たっちゃったんだから、運も悪かったじゃん?マットが強かったんだからしょうがないよね!みたいな感じで。少なくとも私はスッキリとマットの優勝を喜べたよ!

f:id:snusmumriken2016:20180528163952j:image

レッドブルのプルタブに「ブル」がいることを今日初めて知った。

はー今年も楽しかったなー。今回始めて2日通しで観戦したわけだけど、本戦もさることながら練習と予選が思いのほか楽しかった。あとデラックスシートは大枚はたく価値があった。コースに対する位置もいいし、専用エリアもいいし(トイレ並ばない、これ大事)、何よりイスに座ってみているので疲れ方が全然違う!!丸一日いてもクタクタにならずに済んだのはとてもよかった。来年もデラックスシートにしようっと。

そして気になるのはまだ日程も場所も決まっていない第8戦、アジア開催をちらつかせているけど結局どこでやるんだろ?見に行きたいので近場のアジア希望!

 

覚書☆服装・気温・持ち物について

今日の予報は晴れ時々曇り、最高気温25℃の予報だったけど15時まではピーカン晴れでめちゃ暑かった。黒い服はNG。ペットボトルを凍らせていったのは正解。去年買ったフード付きタオルと日傘が待ち時間に大活躍。観戦中も足元を覆うだけでかなり暑さが緩和される。夕方からは曇って風も出てきて半袖一枚だと寒かった。

 

おしまい。

 

RedBullAirRace2018千葉 1日目

とうとう始まりましたエアレース2018千葉大会!今年は奮発してデラックスシートにしちゃったよ!

 f:id:snusmumriken2016:20180526235142j:image

1日目は予選から見ることにして14:30に現地到着、フリープラクティスの真っ最中。デラックス&室屋応援シート専用ゲートで荷物チェックを受け、チケットをバンドに引き換える。明日もつけていかないと入れない(日焼けがイヤでゆるめにしたら外れてしまった…)。

 f:id:snusmumriken2016:20180526235214j:image

デラックスシートエリアはコースど真ん中、眺めはこんな感じ。チケット買った人全員が来るわけもない、という気持ちあってか隣と一席空けて座っている人が多く、二人並んで座れる席を探すのに少々手間取った。

 f:id:snusmumriken2016:20180526235231j:image

大型ビジョンが近くて見やすい。解説もよく聞こえる。専用の物販・ドリンクスタンド・トイレ・喫煙所もあって、人数比ではかなり余裕があるし近くて便利。例外は物販で、みんなめっちゃグッズ買うから売り切れの多いこと!このエリアの人は一般エリアの人に比べてグッズの着用・所持率がものすごく高い。Tシャツやらキャップやら、誰もが何かしら持ってる感じ。まあそうだよね、みんな30,000円のチケット買って1日目から来てるんだもん、けっこうなファンに決まってるよね。

 f:id:snusmumriken2016:20180526235247j:image

予選開始前にプログラムと室屋さんのワッペンを購入。ええ、私もデラックスエリアの端くれですから買いますよ~!他にも欲しいモノあったけど売り切れてたのよ!

 f:id:snusmumriken2016:20180526235322j:image

フリープラクティスであれ、飛行機が飛んでいればやっぱり見てしまう。しかも全部解説してくれるものだから、のんびりお喋りでもしようと思って行ったけどとにかく全部見ていた。予選は明日の飛ぶ順を決めるんだけど、これがけっこう盛り上がるのだ。

 f:id:snusmumriken2016:20180526235353j:image

今日初めて、予選は連続して2回飛んで良かった方の成績が採用されると知った。1回目で最低でも何位かがわかるので、1回目が悪かった選手は挽回を期して、良かった選手はさらなる高みとよりきわどいコース取りを目指して、とにかく2回目は攻める攻める!結果、ペナルティを連発。でも一番最後に飛んだグーリアンの2回目が予選最速で1位なんだから、本当に目が離せない。

f:id:snusmumriken2016:20180526235927j:image

室屋さんは予選3位と好成績にもかかわらず、なんとマット・ホールとの対戦になってしまった。マットよ…なぜ実力あるのに予選でこんな順位なのよ!同期対決で初戦から実力者の潰し合いになっちゃったじゃん!ウワー明日も楽しみだあ!!早めに行っていい席取るぞー!

 

覚書①服装・気温・持ち物について

今日の予報は曇り、最高気温24℃の予報でほぼその通りの天気だった。くもり空は写真映えしないけど観戦はすごく楽。予選が終わる18時になるとむしろ寒かった。とはいえ日が射す時もあり、やっぱりサングラスと日焼け止めは必須。

 

明日につづく。

高知・愛媛の旅 3日目

昨日までの2日間に比べ、今日は時間にかなり余裕がある。

まずはホテルからすぐ近くにある「坂の上の雲ミュージアム」へ。

f:id:snusmumriken2016:20180525204522j:image

 読破してから来るつもりが間に合わず。でも途中までしか読んでない人でも問題なく楽しめる。今、司馬遼太郎の小説が連載されている新聞があったら絶対購読するなぁ。またこの新聞挿絵がすごく良くてね。新聞連載時と同じように挿絵が入ってる本があったら絶対買うのに。

 f:id:snusmumriken2016:20180525204545j:image

 リフトで松山城へ向かう。松山城の面白いところはお城までにロープウェイとリフトがあって、どちらに乗るか搭乗口直前で選べるところ。スキー以外ではほとんど乗ったことないので逆に緊張する。日差しは強いけど周囲をゆっくり見られて面白い。

f:id:snusmumriken2016:20180525204611j:image

松山は高知よりだいぶ大きな都市だけど、それでもお城より高い建物はない。天主閣の眺めも良く、正に「一国一城の主」というのはこんな気分なんだろうな、と思った。お城の周りの公園も大きいし、大事にされてるんだね。

f:id:snusmumriken2016:20180525204641j:image

道後温泉の 「かどや」で鯛めしランチ。温泉付近の商店街には土産物屋に混じって愛媛の代表的な料理が食べられるお店がいくつかある。かどやは新しくて一人旅でも入りやすそうだった。鯛めしは贅沢卵がけご飯って感じ。素材的には自分でも作れそう。だしとか何入ってるんだろう。高知も愛媛もみそ汁やお吸い物にわかめではなくあおさが入っているのが特徴的。

f:id:snusmumriken2016:20180525204657j:image

ついに道後温泉本館へ入る。道後温泉のお湯は無色無臭で、なんていうのかな、刺激の一切ないさらっと滑らか&まろやかないいお湯だった。脱衣所は昔ながらの銭湯に近いが鍵はちゃんとかかる。ドライヤーは3分10円。昨日の椿の湯もそうだけど、本館も浴室は決して広くはないので、休日に混雑するとかなりきついだろうなとは思う。昨日今日と温泉に入れて満足! 

f:id:snusmumriken2016:20180525204741j:image

道後温泉は休憩含めた利用目安時間が1時間と、決して長くない。あまりのんびりできないのもな…と思い入浴のみにして、本館向かいの「一六本舗」でお茶をする。道後温泉の意匠である湯玉が思ったよりもあちこちに使われている屋根を眺めつつ休憩。平日の昼間はほとんどお客さんがいないので、多少ゆっくりしても大丈夫そう。とりあえず名物を食べたい私のような人に最適なセットを注文した。抹茶を飲んだことはほとんどないけど、和菓子の甘さと抹茶の苦味・渋味はこんなに合うのか!とちょっと驚いた。

f:id:snusmumriken2016:20180525204758j:image

レンタカー返却もあるので余裕を持って空港へ。空港のお土産物コーナーはすごく充実していて、街中でちょびちょび買い回るよりよほど楽そうだ。「おがた蒲鉾」という店で地元民らしき人が何人もじゃこ天を10枚、15枚という単位で買い求めていて、この店は美味しいに違いない!と思い、早めの夕飯代わりにたまねぎ天を購入。かまぼこがぷりっぷり!

飛行機を眺めながら食べ、1時間半ほどで羽田に到着した。

 

一度は行ってみたいと思っていた道後温泉に来られて良かった。想定外に良かったのは高知で、地方の特性が色濃く残る街の規模感や、食べ物がおいしいこと、緑や海が豊かなこと、モネの庭の美しさなど、かなりの地元志向&都会っ子の私が一瞬「やばい、高知住みたい」と思うぐらいいいところだった。次は砂浜美術館や牧野植物園や足摺岬室戸岬に行きたい。高知万歳!