ちょっと旅してくる

わが身ひとつで気ままに生きる。

御朱印005 江島神社

桜が散った途端に夏日とは、日本はどうなっとるんじゃ。

f:id:snusmumriken2016:20180421225433j:image

 てなわけで江ノ島にやってきました。

f:id:snusmumriken2016:20180421225447j:image

激混みの参道。外国人観光客多し。

モンサンミッシェルに行った時「西洋の江ノ島」と言って同行者に嫌な顔されたなー(笑)陸地から砂州で繋がる島の中心に宗教施設があり、上り坂の参道の左右に土産物屋と飲食店が並ぶ構造は同じでしょうが!

f:id:snusmumriken2016:20180422152542j:image

 少々階段を登り辺津宮御朱印はこの辺津宮でいただく。預かり型なので書いてるところを見られないのが残念。

大半の人がここを江島神社だと思っていて、なおかつ江ノ島自体を灯台と植物園のある観光地だと思っていて、まあ間違いではないのだが、ちょっと違和感はある。元々江ノ島は島丸ごと宗教施設みたいなもんなのだ。 

f:id:snusmumriken2016:20180422153230j:image 

鎌倉時代につくられた弁財天像が2体あるお堂。ここだけ入場200円。自分の練習不足を棚に上げ、芸事上達を弁財天に神頼み。

 

てくてく歩いて中津宮へ。写真撮るの忘れた。水琴窟で水みくじを買い、吉が出た。大吉以下の序列がよくわからないなと思いつつ、つい引いてしまうおみくじ。

f:id:snusmumriken2016:20180421225605j:image

江ノ島植物園の入り口を通り過ぎ島の裏側へ。風の強い断崖を見おろす。左側の廃墟がいい感じで気になるぜ!

 f:id:snusmumriken2016:20180422154421j:image

一番人が少ない奥津宮。でもそのほうがいいのだ!なぜなら…

f:id:snusmumriken2016:20180421225622j:image

天井に「八方睨みの亀」がいるから!参拝所内を上向いたまま不規則に動き回って亀と目が合うか試しても人の迷惑にならないのがいい!

 岩屋は去年の台風で破損して修復中なので先には進まず、裏道から辺津宮に戻って終了。

f:id:snusmumriken2016:20180422155419j:image

そして御朱印はこちら。二つお願いすると見開きで書いてくれてかっこいい。

江ノ島散策は弁天橋往復を含めぐるっと回って所要3時間、約一万歩。ごはんを食べるところには事欠かないし、休日の散歩にはいいコースです。

f:id:snusmumriken2016:20180421225641j:image

 片瀬のジェラート屋にて。サーフボードを積んだ車と江ノ電がいかにもここらへんらしい。

 

銀行で投資信託をはじめた

一気にうさんくさそうなブログに見える題だな!でも書きたいから書く。

 

社会人になりたての頃、お金がないながらもとりあえず貯金しないと…と、少し余裕ができたら10万円ずつ定期預金にしていた。それなりに貯まると、次は50万円、100万円単位で定期預金をし始めた。

ということを繰り返した結果、10~100万円の定期預金が20コ近くできており、通帳がカオスに!(というか記帳しきれない)満期も期間もてんでバラバラ、しょっちゅう満期案内ハガキが来る割にはいったいいくら貯金があるのかわからん!という状態になっていた。

 

これホントに何とかしないと…と銀行に行き、色々話を聞いた結果、細かい定期預金を投資信託に振り替えた。

んで、さすがに窓口でわかった気になっていてもわからないこともあるのでちょこちょこ調べてみたら、投資信託関連のブログやサイトにはちょくちょく「銀行で投資信託を買うのは損!手数料がムダ!」みたいなことが書いてあるからビックリしたわけ。

どんだけ上から目線だ、と。

なんだろねーコレ、自分が「感情労働」と呼ばれる職種だからよけい思うのかなー。声を大にして言いたい。

 

世の中のサービスで、タダなものなんてないんですよ!!

 

「銀行の窓口では手数料を取られるし銀行の利益になる商品しか売らない」

いや、当たり前だから。銀行は商売だから。自分の時間を割いて、相手の資産状況を聞いて、その人の資産を運用するいい方法をタダで教えてくれる人なんていないから。

そりゃ誰だってできる限りお得に資産運用してどんどんお金が増えたら嬉しいよね。自発的に投資に関心を持って、本読んでネットで調べて…ってできる人はそれでいいと思うよ。

でもみんながみんなそうなわけじゃないんだよ。

アナタそこにたどり着くまでにどれだけの時間と労力使いました?本読んだの?ネットで調べたの?ブログやキュレーションサイトでたくさん情報発信されてるけど、ぶっちゃけ誰がどんな意志を働かせてるのか全然わからないよね?その情報は正しいか間違ってるのか、どうやって判断するの?

 

私は銀行の資産運用窓口で3時間ぐらい手取り足取り説明してもらい、ぐちゃぐちゃな定期預金の整理をし、100万円の投資信託と積立投信を始めた。言われた通りに書類書いてハンコ押して手続きもその場で終わったし、今使っているネットバンキングの画面で投資信託の情報もそのまま見られる。パスワードも増えないしチョー楽ちん。

手数料取られるなんて、そりゃそうだろとしか思わない。だって投資しなけりゃ利益も得られないわけだが、自力で投資信託にたどり着くなんて私にはまず無理だったので。

 

もしかしたら手数料のせいで元本割れしたりすることがあるのかもしれないけど、それこそ「勉強代」ってやつですよ。リスクを理解せずリターンを求めた罰だと思うしかない。

 

なので、銀行で投資信託を始めたことを全然後悔してない。むしろ私みたいに、多少儲かったら嬉しいけど大きな利益は追わない、手続きも値動きの監視も何もしたくない、ゆるーく始めたいひとには銀行での投資信託、逆にアリだと思う。

それで投資に興味を持って、手数料ムダだな自分でできるなーと思う日が来たらその時はネット証券なりなんなり始めればいいじゃん?むしろ世界をひろげてくれてありがとう!って感じだ。

 

さーて1年後ぐらいにどうなってるかな!

 

イギリスの旅 2日目

昨晩9時前に寝たせいか時差ボケか、夜中の2時ごろ起きてトイレに行ったりメールを見たりマンガを読んだりして5時ごろまた寝て、9時少し前に起きた。

 

今日はグリニッジ天文台へ行く。地下鉄ばかり使っていると地理がわからないので、リバークルーズで名所見物をしながら行くことにした。

f:id:snusmumriken2016:20180204215210j:image

オープントップでは観光ガイドをしてくれる。ロンドンアイでは年間500組以上がプロポーズをするけど、NOと言われたら降りてくる25分は地獄とか、愛の橋を通りがかる時に「シングル女性はボクにキスしてください、シングル男性は船長に…」と言って船長が抗議の汽笛をならしたりとか、あれはガンダルフの家ですよ(=イアン・マッケランの家)とか、果ては川水の入れ替わりまでしゃべる喋る!面白い!船に乗ってよかった。でも帰りは中にしよう。寒いから。

f:id:snusmumriken2016:20180204214948j:image

グリニッジに12時ごろ到着。まずはカティ・サーク号を見る。19世紀にティークリッパー(茶葉運搬船)として活躍した船だ。船内には茶箱や乗組員室が再現されている。ところどころに無料のエンボススタンプが設置されていて楽しい。乗組員約30人のこんなに小さな船で73日?だか外洋を旅して、お茶を満載して帰るって本当にすごいことだ。船内のシュミレーターでルート航行したけど座礁しまくって子供にガン見された。下手だったからかな…。

カティ・サーク号の船底の更に下、ドック部分にカフェがあって、船を見上げながらお茶ができる。そんなに混んでいなかったのでクリームティーを頼んで休憩。

売店にマリンデザインのものがたくさん売っていて危ない。みんな欲しくなる。

 

グリニッジ天文台はカティ・サーク号から徒歩約15分、公園内の小高い丘の上にある。テレビで見る、赤い球が載った建物だ。グリニッジといえばグリニッジ標準時、そして子午線!

f:id:snusmumriken2016:20180204215032j:image

世界中から来た観光客がみんな子午線をまたいで自撮りしている。もちろん私もやる!「洋の東西」をまさにここがわけているのかと思うとなんだか不思議な気分だ。

こう見ると東京は意外と緯度が低い。寒いからもっと高い気がするのに、実はテヘランとあまり変わらないんだなぁ。

 

帰りの船では乗ったのが早かったので船内の一番先頭の席に座れた。ガラス張りの特等席だ。ロンドン橋とタワーブリッジを通過する。そういえば歌で落ちるのはロンドン橋だけど実際は石造りで、落ちる…というか開閉するのはタワーブリッジだ。なんでだろう?

 

今日は日曜なのでスーパーも店も早く閉まる。夜ご飯を食べたい店がリバティの近くだったので、ついでに閉店ギリギリのリバティに駆け込む。木造船を解体して造られたという建物は趣があってとても素敵だ。床がゆがんでいるのか、上階は船の中を歩いているようなふわふわした感じがある。

来る前に色々調べていた時、小花柄のガーリーなものの総称がリバティプリントなのだと思っていたけれど、このリバティ社が作った草花をモチーフとした柄のことがリバティプリントなのだと知った時はびっくりした。日本でいうところのシャーペンとか宅急便とかウォークマンとかそういう感じなのね。一般名詞に近いモノを生み出すってすごいよなぁ。

ワックスでテカテカに髪を固めてヴィヴィア・ウエスドウッド調のスーツを着た男性と舞台メイクのようにド派手な化粧にアバンギャルドな服装で髪に花を飾った女性が談笑しながら店内を闊歩していて、うわーすごい、上層階級の人とかそんな感じ?と思って見ていたら単なる店員だった。店員のが客よりほほど目立っている…!

商品はクラシカルなのもからモダン、もっと行き過ぎたものまで色々あって、少しとっ散らかった印象を受けた。メイドインUKで統一するとかすればいいのに!と思ったけど、最先端を追い求める姿勢がリバティプリントを生み出したわけで、現状のいいものを取り扱ってるだけじゃダメなんだね。

 f:id:snusmumriken2016:20180204215111j:image

夜ご飯は「イギリス的母の味」だとどこかで読んだパイ&マッシュを食べに行った。できるだけスタンダードっぽいものを頼んでみた。味はなんというか、胃もたれしそうな感じだ。パイにマッシュポテトにひき肉って脂分多いもんな。

 

明日は早いので朝ごはんはいらないと言ったら牛乳とシリアルをくれた。自室に冷蔵庫があるのはこういう時便利だ。ホストの家はいつ戻っても常にピザの匂いがする。ピザ食べてるわけでもなさそうなのに。

 

明日はツアーに参加する。リコンファームできてないけど大丈夫かなー。

 

イギリスの旅 1日目

ええかげん寝かされてから出た機内食はコンペで上位入賞した人のメニューを使っていて、機内食とは思えないほどおいしかった。機内食っていつの間にこんなにおいしくなったんだろう。順番待ちでしばらく上空をウロウロしてから着陸。

 

ヒースロー空港は広い。ずいぶん歩いてやっと外へ出る。市内への足としてヒースローエクスプレスではなくちょっと安めなヒースローコネクトを選んだため、タイミングが悪くて駅で30分以上待つ羽目になった。急ぐ旅ではないけれど、後から来た人がどんどん乗って去っていくのが少し切ない。

 

今回の宿はエアビーで取った。少しでも英語と接する機会を増やしたかったから。個室+専用バスルームに朝ごはん付き。ゾーン2の最寄駅から徒歩5分の住宅地にある。自宅でちまちま作っていたマイマップが使えず迷子の危機に陥るも、ダウンロードしてあったオフラインマップでなんとか解決。危ない。

部屋はサイトで見ていた通りだし、バスルームも広くて清潔でいい感じ。荷物を置かせてもらい、ホストにおみやげを渡してお茶を一杯いただいてからさっそく出かける。

鍵がロンドンしてるっ…!

 f:id:snusmumriken2016:20180204214505j:image

とりあえずお腹が空いたけど特にこれと言って食べたいものがあるわけではないので、バラ・マーケットへ行ってみることにした。ここは食品中心のマーケットで、土曜はストールという食べ物屋さんの屋台がたくさん出るらしい。

フィッシュ&チップスに始まりエチオピア料理やらフィリピン料理やら、本当にいろいろな屋台があった。色々迷ってユダヤ系のソルトビーフベーグルを食べた。コンビーフみたいでおいしい。

私はお酒が飲めない。飲めないわけではないがアルコールくさっ!と思うだけで全く美味しいと感じない。これだけはホント損してると思う。リンゴとレモンとジンジャーのホットジュースを買う。ふーあったまる。

f:id:snusmumriken2016:20180204214550j:image

野菜、ハム、果物、キノコ、香辛料、パン、紅茶、魚介類。色鮮やかな食べ物がずらっと並ぶマーケットは見ているだけで楽しい。チーズとか買いたいけどまだ初日だしなぁ。

お腹も膨れたし、やっぱりイギリスと言ったら大英博物館だ!

f:id:snusmumriken2016:20180204214619j:image

ふっと適当なところから入ったらすぐロゼッタストーンだった。想像していた以上に文字がくっきりと彫られていた。

昔、ロゼッタストーンという語学学習ソフト?を見た時に「なんてセンスのいいネーミングだ」と思ったものだけど、初めてこれを見た人は、やっぱりものすごい大発見だと思ったんだろうか。

時は過ぎてこの文字を使う人はいなくなったわけだけど、日本で日本語だけにどっぷりつかって生きている身からすると、何千年も前から三か国語で告知を出す国があったということに衝撃を受けた。

f:id:snusmumriken2016:20180204214647j:image

頭の中でインディー・ジョーンズのテーマが響く。これってオーパーツ、もといニセ遺物じゃん!

発見当初はものすごく昔の高度な技術による作品とされていたこのクリスタルスカルは、科学技術の進歩によりレーザー加工等の痕跡が発見されて近年に作られたものだということがわかったとのこと。

クリスタルスカルは遺物発見から真贋鑑定に関わる経緯の資料としての展示で、ニセモノを作って大発見を装ったがバレたという黒歴史として葬るのではなく、そういう研究までも「展示」するという姿勢が大英博物館を世界最高峰たらしめているんだな…と、ちょっと関係ないところで感激してしまった。

 

大英博物館の見どころは本当に多い。そして、あまりにもいろんな国から持って来すぎだろうとも正直思う。そりゃあちこちから返還請求されるわ。

だけど、エジプトのカイロ博物館やアフガニスタンバーミヤン大仏のように、紛争や政変で今もなお貴重な遺跡や遺物が危機にさらされる現状において、失われた可能性のあった人類の遺産を大英博物館が高水準で保護しているのもまた事実なのだ。

 

時間的にも体力的にも今日中に全部回るのは厳しかったので、一階だけ見て他の階は後日に回すこととした。

スーパーでごはんを買って帰る。疲れ切っていたようで、ベッドに入った途端にメガネもかけたまま寝てしまった。

 

イギリスの旅 0日目

イギリスに行こうと思い立ったのは2017年7月ごろだった。そこから準備と根回しして今日に至る。しがないOLが季節外れに一週間休むのはなかなか骨が折れる。

月曜から普通に働いて、一旦帰宅してごはん・お風呂・荷物の準備をして23時自宅出発。羽田からのフライトは日付が変わって翌早朝の2:45発だ。

こんな強行日程の旅行はあと何年できるのかなぁ。

 

f:id:snusmumriken2016:20180126234755j:image

空港へ向かう電車の中でWebチェックインしてみるが、手荷物預けカウンターで紙のバウチャーを出される。またか!Webチェックインの意味あるの?もうやらない!

24時の羽田空港セブンイレブンも閉店している。人はそこそこいるが、混雑しているというほどではない。免税店もだいぶ閉まっていたけれど、欲しかったものは買えたので良かった。

 

JALの羽田深夜発ロンドン直行便は全員ラウンジが使える。飛んだらすぐ消灯なので機内食が出るのはかなり後になるので、必要な人はラウンジで食べて行ってくださいってこと。

さすがにこの時間ともなると店も大半が閉まって居場所がないので非常にありがたい。そんなわけでラウンジへ行って深夜にまたごはんを食べる。

 f:id:snusmumriken2016:20180204214737j:image

 ジンジャーエール、トマトクリームスープ、ビーフカレー。他にもパンやパスタ、お酒やコーヒーなどいろいろ揃っている。味もおいしい!さすがJAL

ラウンジ自体も綺麗で全席に電源完備。充分な広さでゆったり座れる。シャワーは使えないけど歯ブラシはもらえる。

時間が有効活用できて好みの便だ。ラウンジからシュウェップスをいただき搭乗。

f:id:snusmumriken2016:20180205081148j:image

最近の個人モニターはタッチパネル式なのか…!すごい!

 

御朱印004 御霊神社

鶴岡八幡宮からテクテク歩いて長谷を過ぎ、御霊神社へ。

御霊神社の前には力餅家という和菓子屋さんがある。私は力餅より福面まんじゅう派!ここのあんこは私の好きな甘さ加減だ。そして攻める江ノ電

f:id:snusmumriken2016:20180108143824j:image

御霊神社の縁起を読む。この地域の豪族だった鎌倉・梶原・長尾・村岡・大庭の平家五氏→五霊→御霊で御霊神社だそうな。この五氏って全部この近隣に地名としてちゃんと残ってるんだよね。鎌倉はそのまま鎌倉市、梶原も鎌倉市。村岡と大庭は藤沢市、長尾は横浜市栄区。すごいなあ、歴史は現代に脈々と受け継がれているんだなあ。

f:id:snusmumriken2016:20180108004106j:image

書き手は30代前半の女性。すごいスピードで書いていた。芸術的すぎて読めない!御朱印ってほんとにどこも個性的ですごいなぁ。

御霊神社も鎌倉江ノ島七福神のひとつで、福禄寿が祀られている。鶴岡八幡宮でも御霊神社でも七福神めぐりの色紙を持っている人をよく見かけた。七福神マップを見ると弁財天が八幡宮江ノ島の2カ所になっていた。えー!

f:id:snusmumriken2016:20180108004114j:image

御成通りで休憩。あったかいほうじ茶が冷えた体に沁みますなーと言いながらパフェ!

御朱印003 旗上弁財天社

あけましておめでとうございます。というわけで、ひと月でまた鶴岡八幡宮。お宮参りから七五三、写生から気分転換まで人生なんでも鶴岡八幡宮

f:id:snusmumriken2016:20180108141534j:image

舞殿では新年らしく国造りの伎楽。

今回の御朱印は、源氏池にある旗上弁財天社へ。源氏が何かの戦いの時に必勝祈願をしたという神社。ゴメンうろ覚え。だって鶴岡八幡宮ってどこも全体的にそんな由来なんだもの。しかし私にとって弁財天は何をおいてもまず音楽の神様だ。宜しくお願いしまーす!!

f:id:snusmumriken2016:20180108003922j:image

書き手は30代中盤らしき男性。すごいわこれ、ステキ!芸術的なのにちゃんと書いてあることが読める、そして上手い!今までの中で一番好きかも!

旗上弁財天は「鎌倉江ノ島七福神」の一社でもある。あれ?でも江ノ島も弁財天だよね?あれあれ?

 f:id:snusmumriken2016:20180108142258j:image

おみくじは中吉だった。今年もよろしくお願いしまーす。