ちょっと旅してくる

わが身ひとつで気ままに生きる。

鳩間島豊年祭の旅 1日目

ずっと見たいと思っていた、鳩間島の豊年祭に行く。

 

夏の沖縄を遊び場にするなら、台風で予定がメチャメチャになることも覚悟すべき、とわかってはいるものの実際当たるとなかなか大変で、今回も台風5号のおかげで乗る予定だった飛行機が条件付き運航になり、二日後の同便残り一席に滑り込みで振り替えた。こういうのがあるから、沖縄方面は必ずJALLCCは怖い。

 

6:10羽田発石垣行きは自宅からでは間に合わないので、川崎のアパホテルに前泊。本当は空港内のファーストキャビンに泊まる予定だったのにな。泊まってみたかったので残念だなぁ。

京急の始発で空港到着、着いた時から手荷物預けは優先レーン。石垣行きは羽田空港の始発な様子。

 

新石垣空港に到着するといつもムワッとした空気に「沖縄に来たな~」と感じるのに、今日は曇り空のせいか思いのほか涼しい。毎回暑さにやられがちなのでこれは嬉しい誤算。

 

f:id:snusmumriken2016:20190721115558j:image

見かける割に写真は撮らなかった具志堅用高像。ライジャケつけてる!

 

八重山観光フェリーは「豊年祭に行きます」と言うと往復チケットが割引になる。在住者以外は予約よりもこれがお得なのでオススメ。

 

いつもの宿に着いたら、お祭りなのでと月桃に包んだお餅を出してくれた。さわやかな香りがお餅に移って美味しい。ひと息ついたら雨が降り出したけど、お祭りは予定通り始まる。


f:id:snusmumriken2016:20190721115540j:image

旗頭登場。カッコイイ!!

頭の中でパーシャクラブ「五穀豊穣」の歌詞がぐるぐると回る。〽︎来年また神の美作 御願げさびら…


f:id:snusmumriken2016:20190721115612j:image

カムラーマ。黄色い着物の人が子どもの頭を団扇で撫でると、子どもがしゃがむ。


f:id:snusmumriken2016:20190721115619j:image

棒術。鳩間小中学校の生徒、先生、郷友会の人まで幅広く参加。


f:id:snusmumriken2016:20190721115553j:image

稲しり節。この前にまみとーま。


f:id:snusmumriken2016:20190721115608j:image

鳩間大漁節(?)昔、鳩間はカツオ漁で賑わったらしいからそれに関するものかな?


f:id:snusmumriken2016:20190721115605j:image

棒術2回目。慣れてきたのかスムーズだし打ち合いも迫力がある。


f:id:snusmumriken2016:20190721115548j:image

加那ヨー。たおやかな古典。


f:id:snusmumriken2016:20190721115623j:image

まるま盆山〜殿様節。若いのに腰が決まっていてカッコよかった!

 

※民謡系以外の演目は割愛。すみません、興味が偏っているもので…。

 

f:id:snusmumriken2016:20190721120400j:image

鳩間島は、島民だけでは舟も運べないのでは…と思うほど高齢化が著しい。ハーリーでは観客からも参加者を募っていた。いいな!男だったら絶対参加したのに!


f:id:snusmumriken2016:20190721120356j:image

笛と共に旗頭がやってくる。


f:id:snusmumriken2016:20190721120343j:image

翻る旗頭の下、ハーリー舟が出発。


f:id:snusmumriken2016:20190721120352j:image

海中の旗を回って帰ってくる。舟が浜に着く前、浅くなったところで船頭?が飛び降り、浜の神司役のところまで走る走る!先にお神酒をもらえた方が勝ちというルールの様子。今回は赤組の勝ち!


f:id:snusmumriken2016:20190721120404j:image

舟の周りを赤青女性取り混ぜて笛と鉦と歌に合わせてぐるぐる回る。


f:id:snusmumriken2016:20190721120409j:image

旗頭が各村の有力者?の家を回って、今日はおしまい。

 

f:id:snusmumriken2016:20190721120515j:image

夕飯は同宿の人が持ち込んだ高級石垣牛で焼肉!最果ての島で、都内より優雅で豪華な生活をしている。


f:id:snusmumriken2016:20190721120519j:image

夜の散歩でヤシガニ発見。ハサミがとんでもなく強いので、指挟まれたらちぎれる。慣れない人は触らないことをおすすめ。私も何度も見ているけど、自分で捕まえようとおもったことはない。

 

 

三線教師免許状受け取りの旅

一泊二日で沖縄。

今回は飛行機チケット取ったあとから色々と予定が変わって大変だった。まず、朝イチの便で沖縄入りして美ら海水族館へ行こうと思っていたのに、総会の開始時間が前倒しになって美ら海までは行けなくなった。更に手ぶらで来ていいと言われていたのに、余興に出ることになって三線を持って行かなければいけなくなった。JALの朝イチ沖縄便は始発に乗っても25分前到着なので、カウンターに荷物を預ける時間がない。

そんなわけで三線を手荷物で持ち込むことにした。ソフトケースなら三辺合計105cmなので大丈夫なはず!と思っていたら保安検査場で止められた。20cmオーバーしているという。ええ?測ったのに??

f:id:snusmumriken2016:20190519075531j:image

…三辺合計ばかり気にして、一辺の最大が55cmであることを見落としておりました。係員さんには「今日は満席ではないのでお持ち込みOKとしますが、次回以降は機内預けにご協力下さい」と言われました。はい、ごもっともでございます…大変申し訳ない…。

というわけで、三線は機内持ち込みできません!!内地の三線弾っちゃーの皆様、ご注意下さいませっ!!

 

そんなわけで、余った時間でやちむん巡りをすることにした。

f:id:snusmumriken2016:20190520144307j:image

ずいぶん暑くて写真を撮る気持ちが失せた…。まず最初に「育陶園」さんへ。地元の人がシーサーを選んでいる。このサイズでこの色ない?とか言って、工房へ電話を入れたりしていた。新築の家に置くのかな?なんかイイネ!

f:id:snusmumriken2016:20190522180412j:image

前回買ったサンプル品の柄がとてもかわいくて、これ新シリーズ?落書き?と思って行ってみたら、毎年こどもの日ごろに店頭にならぶ「こどもの器」というシリーズだそう。絵付け体験のサンプルもかわいかったので、私も次回ぜひやってみたい!

あと、名前わからないんだけど若手の職人さんが1人でやってて、製作中は声かけないでください!って書いてあるお店があって、今日はお邪魔したらちょうどその職人さんが伝統柄・彩色の説明をしているところだった。モダンな形がけっこうあるなと思っていたら説明の中で「生活様式が変わっているんだから、器も用途に合わせて形を変えていくのが当たり前」と言っていて、なるほどなーと思った。

そうだよね、伝統を守るって、同じものを作り続けることも必要かもしれないけど、時代に合わせて変えていくことも必要だよね。ジャンルは違うけど勉強になった。


f:id:snusmumriken2016:20190520144406j:image

読谷村のやちむんの里は前回みっちり見たので、今回は共同販売センターへ。

うん、ごめん、ここはハズレでした。まず作家が限られているように見えるし、圧倒的に品数が少ない。もっと山盛りあるものと思ってたのでちょっと残念。今日は壺屋の育陶園で散財した後だったのでやちむんの里には行かず、本日の目的地へ向かう。

 

f:id:snusmumriken2016:20190520144411j:image

の前に「道の駅かでな」で遅い昼ごはん。こないだえらく美味しく感じたチーズバーガーを食べた。おいしいけど、こないだのがおいしく感じたなー。

 

うるま市で総会に参加して、免許状をもらって、独唱もさせてもらった。最初は知らない人ばかりでぽつーんとなったけど、関東からの参加は私だけだったので周囲に気遣ってもらい、独唱の後は色んな人から声をかけてもらってお喋りができた。全体と支部ごとに教師・師範が余興で唄ったりして、司会の先生も進行が上手だし、アットホームで楽しい総会だった。

総会のためだけに沖縄に行くのは楽ではない。お金もかかるし時間もかかる。でも、今後この世界に片足突っ込んで生きて行くのだと思うと、こういうのにちゃんと参加して少しずつ関係性を作っていったほうがいいかな~と思った。

というのも、まぁもちろん実際参加して楽しかったのが一番の理由だけど、やっぱり内地からの参加者がほぼ皆無なせいで、色々と沖縄基準なの。例えば開始時間がいつの間にか変更になったり、免許状もらったらドデカイ額縁に入ってて、箱は無し。どうやって飛行機に載せればいいのよ…とか。

自宅から車で1時間で行けるならいいけど、飛行機はそう簡単に時間変更できないし、荷物の持ち運びも楽じゃない。内地の会員の存在感がもっとあれば、そういうところも気遣ってもらえるかもしれないし、気遣ってもらえればもっと参加しやすくなるよなーと思って。


f:id:snusmumriken2016:20190520144353j:image

イオンモールで緩衝材を買い、なんとか梱包して、カーシェアを返却してへとへとになって、牧志駅徒歩1分の「南西観光ホテル」にチェックイン。明日は何もせず帰る予定なので、交通の便の良さそうなホテルを選んだ。おお、もう22時じゃないの…日帰りなんて全然無理だったわい。

南西観光ホテルは全室禁煙の割に部屋がめちゃくちゃタバコ臭い。水回りはリフォームされてて綺麗でよかったしとにかく交通の便が良いのが取り柄だけど、このタバコ臭さはリピートを躊躇する。


f:id:snusmumriken2016:20190520144311j:image

隣のコンビニで買おうと思っていた雑誌を発見!よしゃー!と姉弟子に連絡したら、なんと試験前にお世話になった古典の先生も那覇にいるとのこと。なんて偶然!すぐ連絡して民謡酒場へ2時間ほど飲みに行き、1曲唄わせてもらった。

子供のころから音楽に半身浸かって生きてきて、音楽は好きだったけど評価もつきまとって、一種の闘いだった。音楽が純粋に楽しいと思ったのは大人になって三線を始めてからで、学生時代の反動かとにかく自分が楽しくて先生がほめてくれればそれでいいと思ってたし、誰かに唄を披露することに関心がなかった。

でも教師免許を取ると「じゃあ一曲唄ってよ」とか言われるし、もちろん拒否もしづらいし、でも人前で唄うことから長い間遠ざかりすぎてエラく緊張するし、それが楽しいかと言われたら正直微妙。

でももう、そんなんじゃダメなんだよな。今日の民謡酒場でも超初歩的な唄なのに緊張してマイク持つ手がプルプルしたし声もプルプルして出来は良くなかった。でも私としては十分勇気を振り絞ったし、一気にはいけないけど、少しずつ場数を踏んで、人前で唄うことに慣れて、それが楽しめるようになりたい。


f:id:snusmumriken2016:20190520144317j:image

朝起きたら土砂降りだった。出かける気にならない雨量なのでチェックアウトぎりぎりまでホテルでごろごろして、ゆいレール那覇空港に直行した。

 

沖縄に来る時は必ずJALを使う。夏場は特に台風との戦いなので、LCCには任せられない。JALには手ぶらでお出かけサービスというのがあって、チェックインカウンターまで荷物を持っていけばそこから先はホテルでも自宅でも1,000円で配送してくれるので、昨日もらった額縁を配送で依頼する。重いし場所取るしもう自分で持って帰りたくない!クレジットカード付帯の配送サービスなら無料だけど、羽田空港→自宅のみだからなぁ。

ちなみにソフトケースで持ってきてしまった三線、楽器ケースがあったので借りられて安全に持って帰ることができた。JALさんありがとう!でも楽器ケースは予約できないのでやっぱりハードケースで機内預けが一番安心かな。


f:id:snusmumriken2016:20190520144325j:image

時間に余裕があるのでお土産エリアを探索。こちらはANAエリア。なんかね、ANAエリアは小綺麗でスタイリッシュなお店が多い気がする。レスポを売ってるテナントがあるのはこちら側。


f:id:snusmumriken2016:20190520144349j:image

ジミーもANA側。前回売ってなかったキャロットケーキが今回は売っていた。


f:id:snusmumriken2016:20190520144344j:image

対するJALエリア。なーんとなくゴチャゴチャしている。左端にお菓子御殿のテナントがある以外は、テナントが違っても商品ラインナップはほとんど一緒かな。どこのお店も同じようなもの売ってるからねぇ。


f:id:snusmumriken2016:20190520144331j:image

通りがかった男性が「このチンアナゴめっちゃ安いんだけど!」と大声で言っていて笑った。3,800円。どこと比べて安いかは不明。


f:id:snusmumriken2016:20190520144339j:image

手荷物検査場の近くにフルーツ屋さんあり。最後の最後に買いたくなっちゃう人いるだろうなー。コンビニで沖縄限定おにぎりを買って搭乗。


f:id:snusmumriken2016:20190520144358j:image

帰りはちょっとリッチにクラスJ。ぐうぐう寝ていてフッと起きたらちょうど窓から富士山が見えた。縁起が良い!!

 

おしまい

 

 

旅の持ち物と費用 香港・マカオ編

【持ち物編】

5月の香港・マカオは日本の7月上旬ぐらいの気温なのに、毎日のようにスコールが降るらしい。そのうえゲストハウス&中級ホテル、観光&アフタヌーンティーと滞在先や行く場所のレベルバラバラなので荷造りが難しかった。

 

☆衣類⓪着て行く服☆
・半袖シャツ
・長袖カーディガン
・くるぶし丈パンツ
・ブラトップ
・パンツ
・靴(エスパドリーユ)
 今回一番悩んでたのが靴だったんだけど、出発前日にすごくいいものを見つけた!
f:id:snusmumriken2016:20190428003331j:image
GUのクッションエスパドリーユ¥1,490-。これ安いのに作りはけっこうしっかりしてる。クッションかなり利いてて歩きやすそうだし上にゴムの切込みがあって足当たりが良い。ホワイトレースだからハイソな場所でも見劣りしないし、このお値段なので汚れてすぐお役御免になっても惜しくない。あとは雨の路面で滑らなかったら最高!
 
☆衣類①着替え☆
・半袖シャツ 2枚
・ブラトップ 2枚
・くるぶし丈パンツ 1本
・ パンツ 2枚
いつもと同じ夏の服装。
 
☆衣類②機内対策☆
・フィットするネッククッション
・着圧ソックス 
・ストール(綿シルク混)
・マスク
・蒸気のアイマス
ネッククッション以外は整理袋にひとまとめに。
 
☆衣類③その他☆
・寝る時用ワンピース・スポブラ 各1枚
・ビーチサンダル
・水着&ラッシュガード
ホテルのプールに入る気マンマンなので、前回ペナンと同じく日焼け対策としてラッシュガードは上だけ。ビーチサンダル街中行動時のメインにする。
 
☆洗面①液体系☆
・ドクターブロナーマジックソープ
・オールインワンジェル
・オリーブスクワランオイル
・日焼け止めジェル
・BBクリーム
・シャンプー&コンディショナーセット 2日分
 
シャンプー&コンディショナーはサンプルや旅行用でセットで1回分100円ぐらいで売っているやつ。廃盤や新規売出し時に格安になったのを見つけたら買いだめしている。ゲストハウスのは期待できないので2泊分。マカオはたぶん大丈夫でしょう。
 
☆洗面②それ以外☆
・フェイスパウダー
・制汗剤
・メガネ&ワンデーコンタクト 日数分
・ヘアコーム
・カミソリ
・マスカラ
・歯ブラシ
カミソリはジレットのトラベルセット。これすごくオススメ!
f:id:snusmumriken2016:20190428003356j:image
まず、このケースに入れて持ち運ぶのはナンセンス。刃と本体を取り外して小さいジップロックにでも入れればさらにコンパクトに!
 
☆その他①エチケット系☆
・ミニ洗濯ハンガー
・手ぬぐいハンカチ 2枚
・ポケットティッシュ 1つ
・ウェットティッシュ 1つ
・エコバッグ
・持ち手つきビニール袋 10枚
香港・マカオはお店でビニール袋をくれないらしいので、銀行のノベルティでもらった100均で1袋40枚とかで売ってるような小さいのを持っていく。
  
☆その他②装備系☆
・折り畳み傘
・モバイルバッテリー
・世界対応コンセント
・充電ケーブル
 いつもと同じ。あ、扇子はやめました。使わないので。
 
ここまでをいつも使っているエーグルの28Lバックパックに。手荷物制限は前回ペナンと同じなので、たぶん大丈夫でしょう。
 
手荷物は雨具やカーディガンの持ち歩きを想定してLongchampプリアージュのMサイズバッグにしました。
・現金
・クレジットカード 2枚
・手ぬぐいハンカチ 1枚
・ポケットティッシュ・ウェットティッシュ 各1個
・イヤホン
・携帯電話 (iPhoneSE)
・サングラス・ポーチ(目薬や常備薬やリップクリーム、絆創膏など)
・パスポート
クレカは今年から常用になったSPG AMEXと予備に格下げになったMasterCard。カバンに余裕があるので財布は持って行く。パスポートはTraveller'sNotebookのパスポートサイズのカバーに挟んでいる。ノート自体は入れず、クリアポーチとボールペンを挟んでいく。クリアポーチはSIMカードや緊急時現金、大きい付箋(メモ代わり)を入れている。
 
【費用編】
 
・飛行機代
香港エクスプレス 成田ー香港往復 ¥69,480-
往復の座席指定料金と、復路の手荷物預けを2人で割ったものを含んだ額。香港エクスプレスの定価から考えると高-い!とは思うものの、ガッツリ10連休使える日程だったので良しとする。あえて言うなら羽田発が良かったけど、タイミングがずれて値上がりしてしまったので成田を利用。
 
・ホテル代
香港:Just Inn(素泊まり) 2泊 7,689円
マカオ:グランド・ラパホテル(朝食つき)5泊 40,718円 
香港のホテルは総じて高いので、寝るだけと割り切ってゲストハウスを利用。シャワーもふつうに使えたし、清潔さも問題なし。キッチン等の共用設備は利用せず。
グランド・ラパは今まで泊まったホテルの中でも上位に入るコスパの良さ。あの超豪華朝ごはんつきで1泊8,000円なら大満足。
 
現地の食事代や交通費はピンキリだし旅日記内に書いてあるものもあるので割愛。
オクトパスにしろマカオパスにしろ初回にチャージしたものを使い切っていないので大した額は使っていない。食事は街中にある食堂なら1食500円でごく普通に食べられる。安いとこ探せばいっぱいあると思うけど、普通の旅行なので普通のとこに行ってる。現金は次行ったとき両替する必要ないぐらい余った。
 
宿泊費と飛行機代で10万に収めたかったけど、スタートダッシュに出遅れたこともあり残念ながらちょいオーバー。でもGW10連休をしっかり消化して大好きなマカオを満喫できたのでいいかな!
 
 

香港・マカオの旅 8日目

今日はもう本当に帰るだけの日。観光とか一切なし!!

 

f:id:snusmumriken2016:20190508224601j:image

ベラ・ビスタで最後の朝食。美味しかったけど絶対太ったな、この旅で。まあいい、帰って考えよっと。


f:id:snusmumriken2016:20190508224547j:image

1Fの売店でお土産を買おうとしたらまだ開いていなくてあえなく断念。ホテルをチェックアウトしてお隣のサンズからタイパ・フェリーターミナル行きのシャトルバスに乗る。サンズにはフェリーのチケット売り場があるので、チケットは出発時間を調べるのと合わせて昨日購入済。

ちなみにシャトルバス、あまりタダ乗りするのは良くないと思うけど乗車目的を聞かれたりは一切ない。色んな見込み客がいるし、なんせ乗降人数が多いので管理する気がないんだと思う。私はサンズ系列で買い物もしてるしカジノも行ってるしフェリーチケットも買ったので、堂々と乗ってた。

フェリーターミナルに行く道路をぼうっと見ていたら、アスファルトに等間隔で[ [ [ というマークが描かれているのを見つけた。あ!これマカオグランプリのスタート位置だ!!本当に市街地でやってるんだ!!このマークを見てから一気にマカオグランプリが見たくなった。来年あたり狙っちゃうか…?

 

タイパターミナルから香港国際空港に直行して香港エクスプレスに乗る人で、機内預け入れ荷物がある場合はバゲッジスルーといってタイパターミナルで荷物が預けられる。フェリーから飛行機への積み替えを自分でしなくていいので超楽チン!私たちは水モノを遠慮なく買うために手荷物1つぶんの機内預け枠を事前予約していたので、キャリーケースを1つ預けた。水モノは重いから、ここで手放せるのはだいぶ楽。ちなみにチケット売り場のお兄さんによると、タイパ→香港国際空港のフェリーは出発1時間前にターミナル待機が推奨らしい。香港→タイパの時とずいぶん違うじゃないか!

 

f:id:snusmumriken2016:20190508224552j:image

香港国際空港で昼ごはん。空港内のごはんとしては値段に見合ったボリュームでお得感あり。お粥にアワビ入ってるしね!さすがに量が多かった…。

昨晩ホテルのソファーに足をぶつけて膝を亜脱臼(?)してしまい、初めてではなかったので外れた膝は自分で戻せたんだけど、やっぱりちょっと痛くて(あとまたぶつけるのが怖い)香港国際空港内を思う存分ウロウロできなかったのがちょっと残念かなー。


f:id:snusmumriken2016:20190508224555j:image

行きより帰りの方がフライト時間が短いので、割と楽に感じた。帰路の成田エクスプレス(座席指定済み)まで時間があるので、夕食を食べる。今日は自分で動いてないくせにごはんばっか食べてる…!!

マカオのごはんは総じて好みではあるけど、帰ってくると日本的なものが食べたくなるんだよなーということでネギトロ丼。海外から帰ってきて心惹かれるのは寿司系と、カレーと、ポテトチップスのりしお味。

 

今回は大好きなマカオを満喫できて楽しかった!やはり時間に余裕があるのがいいね。プールに1回しか入れなかったのは残念だけど、季節や天候のことだから仕方ない。これ以上暑いと観光が辛いしね。

ギャラクシーのプールに入るため、また来ようと心に決めた。おしまい!

香港・マカオの旅 7日目

朝ごはんのメニューがひと回転したなって感じ。

f:id:snusmumriken2016:20190508224341j:image

葉っぱに包まれたちまきが美味しいのだ!あと今日はオムレツ作ってもらいました。チーズ入り。


f:id:snusmumriken2016:20190508224417j:image

朝ごはん会場のベラ・ビスタ。グランド・ラパはホテル内あちこちタイルでほんとうにかわいい。


f:id:snusmumriken2016:20190508224424j:image

決して広くもないマカオにこれだけいると、行く場所も尽きてくる。サンズのシャトルでコタイのサンズに行って、ドラッグストアがあったのでフッ素含有量の高い、日本では売ってない歯磨き粉を買った。たぶん1,500ppmだから日本の薬事法の限界と同じぐらいかな。

f:id:snusmumriken2016:20190508224345j:image

一旦ホテルに戻り、バスに乗ってまたセナド広場へ。今日はこころもち人が少ないような気がする。ちなみに観光地近辺にもたくさんのドラッグストアがあるけど、これお土産需要なんだよね。粉ミルクとかフェイスマスクとか。地元の人が普通に使う日用品が案外売ってないので、そういうのが欲しい人は観光地じゃないとこのドラッグストアに行くべし。


f:id:snusmumriken2016:20190508224335j:image

あーやっぱ好きだなこの景色。西洋と東洋、歴史と現代のごちゃ混ぜ感。カジノディーラーになってマカオに住みたい…。もう少し英語が喋れたらなれるかなぁ。


f:id:snusmumriken2016:20190508224356j:image

今日またここに来たお目当てはセナド広場から聖ポール天主堂跡の間の路地裏にあるこちらのポークチョップバーガー、ひとつ20パタカ!先日通りがかったときにめちゃ美味しそう!と思ったけどお腹いっぱいで諦めたのでした。

お店の前にメインの鉄鍋が1つあって、ポークチョップを作り終わると次は小籠包…というように、その時作るメニューがクルクル変わる。全部食べたい…。


f:id:snusmumriken2016:20190508224330j:image

タイルが綺麗だと聞いて、ラザロ街まで歩く。うん、雰囲気ある!マカオは街中あちこちこういう場所あるけど、ここは整ってるなぁ。

せっかくなのでホテルから見えるギア灯台に行ってみることにした。これでマカオの主要観光地はほぼ制覇したな!


f:id:snusmumriken2016:20190508224349j:image

通りがかった公園でクラフトマーケットが開かれていた。特に何も買わなかったけど、マカオのハンドメイド業界では一定の流行があるみたいで、似たような品を出している店がいくつかあった。

公園からギア灯台まではけっこうな激坂を上がる。ギアホテルという由緒ありそうなホテルがあって、いいなー見晴らし良さそうだなーと思ったけどここに泊まったら下界との往来が大変そうだ。


f:id:snusmumriken2016:20190508224324j:image

途中から雨になり、濡れながら灯台に到着。灯台の中には入れない。天気のいい日に着たかったなぁ。雨が強くなってきたのでなるべく早く帰れるルートを探していたら、ゴンドラがあった。ゴンドラでふもとまで降りてバスに乗り、ギア灯台の下を通るトンネルを抜けるとホテルのすぐそばに出た。バス便利!


f:id:snusmumriken2016:20190508224402j:image

今日のおやつはアーモンドクッキーとベラ・ビスタで買ったセラドゥーラ。「部屋で食べます」というと、ちゃんと2割かな?宿泊者割引をしてくれた。


f:id:snusmumriken2016:20190508224408j:image

バーにも行ってみた。これはノンアルコールカクテル。ハッピーアワーは2杯でどちらか高いほう1杯分の値段しかとられないのでかなりお得!ただ外は隣のカジノのオレンジ色のネオンがビカビカしていて少し落ち着かない。

というわけで今日の勝負に出掛ける。もちろんお隣のサンズ!そしてやっとルールを把握した獅子ルンルンに3度目の勝負を挑む!今日も100ドルからのスタート。

ミニマムベッドでちまちまと回し、段々目減りしていって残り15ドル、もうだダメかな…?と思ったところでホットモードに入りボーナスステージへ!フリーゲーム(何もすることがない)で勝手にフィーバーして400ドルになった!!


f:id:snusmumriken2016:20190508224412j:image

昨日はコインが舞ってたけど、今日はお札が舞ってる(笑)

昨日の反省があるのでボーナスステージが終わった段階でいったん戦果を吐き出すものの、まだホットモードは続いている。どうしよう、また突っ込んで目減りさせたくない…と迷った挙句、友達から10ドル借りてホットモードが終わるまでプレイしたところ、176ドルに!!


f:id:snusmumriken2016:20190508224400j:image

払い戻しボタンを押すと、こういう風に戦果が出る。で、これを換金カウンターかマシンで現金に戻す。

てゆーか私すごくない?まぁ香港ドルだけどさ。でもけっこう勝ったよ!2連敗を取り戻して勝ち越しで終了だ!!わーい!!上司にお土産でも買おうっと!


f:id:snusmumriken2016:20190508224338j:image

いい気分でサンズを後にする。さーごはん食べよう!と向かったのはおととい行った地元の店、牛筋カレー麺35ドル。ちょっと勝ったからって贅沢はいたしませんよ!

 

マカオ最後の夜はいい気分で過ごせた。アー楽しかったなぁ。さあ、明日は帰国だ!

 

香港・マカオの旅 6日目

天気が良くなったらプールに入ろう!と思っていたけど、曇りだし気温も低いしで計画変更。

f:id:snusmumriken2016:20190504003105j:image

 

マカオ科学館に来た。お目当てはギネス記録を持つ高解像度、8Kのプラネタリウムメーデーがらみの大陸の連休が影響しているのか、平日の午前中にも関わらず子供連れがたくさんいて賑わっている。


f:id:snusmumriken2016:20190504003052j:image

左のエクスプローラーは3D、真ん中のファントムオブユニバースは2D。3D目当てで来たけど時間があるので2Dも見ることにした。それぞれ30分程度の上映で80パタカと60パタカ。

ギネス記録の高解像度を楽しむなら2Dかな。phantom of universe はオーディオガイドに日本語もあるので日本人でも楽しめるけど、暗黒物質ダークマター研究に関するそこそこ学術的な内容なので、小さい子にはちょっと難しいかな?

アバター振りに久々に見た3Dはexplorer、広い意味での探求者が主題で、神話・星座の世界、コペルニクスから宇宙ステーションまで物語仕立てになっている。話としてはこちらの方が面白いけど、日本語オーディオガイドがないので頑張って英語を聞く必要がある。

 

f:id:snusmumriken2016:20190504003109j:image

マカオ博物館からリスボア前でバスを乗り継ぎ、一時間弱かけてマカオ南部にあるコロアネ村へやってきた。マカオパスを使うと、降りてからあまり間がない乗り継ぎの場合は料金を取られないということがわかった。つまり100円もしないでここまで来ている。すごい!

ちなみにこのルート、コタイのIRリゾートエリアを通過するので見える景色もなかなか面白いのでオススメ。


f:id:snusmumriken2016:20190504003112j:image

コロアネ村には日本史上の有名人、フランシスコ・ザビエルを祀るザビエル教会がある。昔はザビエルの腕の骨が安置してあったらしい。こぢんまりした教会だけど、前の広場のタイルが美しい。こんな端っこの地域までポルトガル文化が息づいている。


f:id:snusmumriken2016:20190504003059j:image

ザビエル像、イケメンである。彼はハゲてるのではなく帽子をかぶっているのだが、あの絵は教科書内では一二を争うインパクトだからなあ。たぶん今後もザビエルと聞いて思い出すのはあちらの絵だろう。


f:id:snusmumriken2016:20190504003056j:image

コロアネ村にも観光客はもちろんいるけれど、半島側やタイパ村に比べるとずっと少なくて、シーフードが売りの小さくて静かな村だ。エッグタルトで有名なロードストウズ・ベーカリーの本店やカフェもコロアネ村にある。

こういう、少しひなびた味のあるところが大好きな私は、いっそ引っ越してカフェでもしながら暮らしたいと思うほど気に入ってしまった。


f:id:snusmumriken2016:20190504003102j:image

コロアネに来たのは村と教会を見るだけではない。ここには動物界の人気者、パンダがいるのだ!

パンダ館の入場料は10パタカで一時間。パンダは夜行性で朝昼はたいてい寝ているらしいので、なるべく夕方の方がいいと思いコロアネ村に先に行ったのだ。さてパンダ。

 

f:id:snusmumriken2016:20190508113554j:image

やっぱり寝てる!!

…と思ったら、起きて一旦退場。係員が掃除と新しい竹?笹?用意すると…

 

f:id:snusmumriken2016:20190508113819j:image

トコトコと降りてきて…


f:id:snusmumriken2016:20190504002940j:image

むっしゃむっしゃと食べる!かわいい!!

なんだろ、人間がいる側を向いて食べるというのは。自分が可愛いって知ってるかのような…なんかちょっとあざとくない?でもやっぱりかわいい。

ちなみにパンダ館の入場者は100%外国人観光客。現地の人は見飽きてるらしい。

 

f:id:snusmumriken2016:20190504002944j:image

お昼ごはんがエッグタルトひとつだったので、ちょっと早めに夜ご飯とした。今日はポルトガル料理レストラン「VINHA」へ。こないだ食べてないものを食べる!


f:id:snusmumriken2016:20190504003005j:image

ダックライス。ココナッツで炊くとガイドブックに書いてあるけど、割とパサパサしていた。


f:id:snusmumriken2016:20190504002952j:image

美味しかったのはこちら、バカリャウのグラタン!塩気とマッシュポテトがちょうど良い!ダックライスと一緒に食べるとなお美味しい!

昨日のガロに比べると繊細な味で、価格帯はちょっとお高め。


f:id:snusmumriken2016:20190504002948j:image

ホテルに帰ると再度おやつ登場。これはアーモンドクッキー、街のあちこちで売ってるやつ。どんな味かと思っていたので試せて嬉しい。


さて、今日もサンズで一勝負しますぞー!おとといと同じ獅子ルンルンを選ぶ。やっとルールがわかってきた。ホットモードの目が出ると、その後しばらく揃った時の倍率が上がり、獅子が3匹並ぶとボーナスゲームになるみたい。なのでホットモード中に獅子が並ぶと倍率が上がった状態でボーナスゲームができるのだ。

 

f:id:snusmumriken2016:20190504002957j:image

今日も100ドルから開始し、ホットモードとボーナスゲームで290ドルぐらいまで上昇!画面にコインが舞ってます。ここで欲を出して、倍率上げて2回目のホットモード&ボーナスゲームを狙ったのが運の尽き…後もう少しやったら出るかもしれないし…とか思ってたら、あっという間になくなっちゃいました…290ドルでやめときゃよかったなあ。

昨日ヴェネチアンでも100ドル負けたので、負け越し。あーあ。もう寝るっ!

 

香港・マカオの旅 5日目

今日は朝から曇って気温が上がりそうにないので、長袖にした。予報では雨も降るらしい。

f:id:snusmumriken2016:20190504002614j:image

生野菜が好きではないので、サラダを麺ブースでゆでてもらってスープにして食べる。前回のペナンで習得した技。菜の花系の野菜のソテーもおいしい。


f:id:snusmumriken2016:20190504002621j:image

今日はコタイエリアに行く。お隣のサンズとヴェネチアンは経営母体が一緒なので、シャトルバスで直行できて便利。雨でもあまり影響なし。


f:id:snusmumriken2016:20190504002635j:image

ガイドブックとかでよく見る、ヴェネチアを模した水路とゴンドラ。ゴンドリエーレがちゃんと歌も歌ってくれて、順番待ちも長蛇の列だった。ディズニーランドみたい。

 

お店をぐるぐる見てまわって、マークス&スペンサーでお土産のお菓子などを買い込んだ。予約しているリッツ・カールトンアフタヌーンティーまで時間もあることだし、今日の勝負はマカオで一番スロットマシンが多いというヴェネチアンのカジノへ!!

…確かにめちゃくちゃたくさんあるんだけど、どれもボタンが多かったりかわいくなかったりで種類自体は少ない。初心者や少額チャレンジャーにやさしくないカジノだった。適当に選んだ台はルールもよくわからず、適当に押しているうちに100ドルがなくなって終了。逆に友達はフィーバーしていてなかなか終わるタイミングがつかめないようだった。

何とかキリをつけて換金したころにはアフタヌーンティー予約時刻の15分前。ギャラクシーは広すぎて自分がどこにいるのかすらイマイチわからない。とりあえず外に出て、リッツを目指してガシガシ歩く。涼しい季節で良かった…これ夏だったら地獄の行軍だったわ。なんとか間に合って一安心。


f:id:snusmumriken2016:20190504002618j:image

リッツではGFにあるカフェと51Fにあるラウンジの両方でアフタヌーンティーをやっている。今回はラウンジにした。よくある3段プレートではなく、木のようなデザインに盛られている。見た目も華やか。頼んだ紅茶を逆にサーブされたりもしたけれど、スコーンもおいしいし満足した。


f:id:snusmumriken2016:20190504002604j:image

リッツのラウンジからギャラクシーを眺める。天気が下り坂になってきた。真ん中の水色のところが波の出るプールで、手前の濃いブルーはおそらくコテージのプライベートプール。パッと見25mプールぐらいはありそう。


f:id:snusmumriken2016:20190504002624j:image

世界最長とのうわさの流れるプール。いいなー!!私もここで流れたい!!次はギャラクシーリゾートに泊まるぞっ!


f:id:snusmumriken2016:20190504002609j:image

コタイエリアからすぐ近くのタイパにある官也街へ。食べ物がたくさんあるのでこちらも観光客が多い。どうやら中国はメーデー近辺が連休らしいのだ。雨が降ってきたので、有名なロードストウズ・ベーカリーのエッグタルトを購入し退散。


f:id:snusmumriken2016:20190504002630j:image

タイパ村の入り口にあるジャンク船のタイル。かわいい!!


f:id:snusmumriken2016:20190504002611j:image

サンズのシャトルでホテルに戻る。今日はとにかくどこに行っても大陸系中国人の数が多くて、待ち時間が多かった。

こんなにたくさんのカジノのネオンが輝いていて、もう陸地がどこか見間違うことなどないだろうに、ギア灯台は「これは私の仕事ですから」と言わんばかりに光っていた。変わらないものの良さをわかっている街だ。


f:id:snusmumriken2016:20190504002601j:image

夕食処を探してフィッシャーマンズワーフ、通称「廃墟」を散策。いや~全然人いないし、これマジで廃墟だわ。なんでローマ風にしちゃったんだろう。ポルトガル風にすればよかったのでは?


f:id:snusmumriken2016:20190504002627j:image

結局、ホテルの裏手にある団地の中の飲食店で、地元民で賑わっているお店に入った。普通の人が食べている、普通の料理。値段は麺類1杯でセナド広場の牛乳プリンと同じぐらい。安くて普通においしい。外国人はめったに来ないだろうに、胡散臭い目を向けられるでもなくごく普通に接してくれるいい店だった。

明日晴れたらまたプールに入りたいなーと思いながら就寝。