ちょっと旅してくる

わが身ひとつで気ままに生きる。

ミャンマーの旅 6日目

f:id:snusmumriken2016:20170228235504j:image今日はミンゴンに行って、その後マーケットに行くことにした。リウは予算が厳しいのか、アマラプラに一人で行くのはやめたようだ。私は朝イチで予算再編成したところ、実はかなり余裕があることが発覚したので今日はけっこうなんでもできる。

結局リウは私と一緒にミンゴンに行きたいという。…いや別にいいんだけど、いいんだけど、なんで自分の行きたい所に行かないのか不思議だ。

そんな話を食堂でしていたからか、東洋人女子2人連れに自分たちもミンゴンに行くのでタクシーをシェアしようと誘われた。彼女達は中国人で、ネットで知り合って予定の会うところだけ一緒に回っているらしい。

リウ相手に丸1日英語を喋るのはかなり疲れるので、中国人の道連れができたのは非常に有り難かった。私が黙っていても3人で喋ってくれるだろう。

こうして旅の道連れが増えていくのも一人旅の楽しさだ。まるでドラクエではないか。

 f:id:snusmumriken2016:20170228234108j:image

ミンゴンにはマンダレーから船で行く。ミンゴンの名物である未完成のパゴダは出航してすぐ見えているのだけれども、あまりにもパゴダっぽくないので気づくのが遅れる。

f:id:snusmumriken2016:20170228234222j:image

パゴダっぽくないのは大きすぎるからかもしれない。とにかく大きすぎて岩にしか見えない。横の階段から頂上に登れるけど、こんな状態でも一応パゴダ扱いなので裸足で登らなければならず、焼けつく煉瓦をヒイヒイ言いながら登る。上からの眺めは素晴らしい。

f:id:snusmumriken2016:20170228234405j:image

みんなでスイカを丸1個買い、切ってもらって食べた。甘くてとてもおいしい。犬が寄ってきてスイカを欲しがる。犬もスイカを食べると今日知った。それにしても今日は暑くて疲れる…。

 f:id:snusmumriken2016:20170228234326j:image

帰りの船に乗ったあたりから雲が出てきて体力が戻ったのでマーケットに向かう。あわよくばルビーのピアスを…と思ったけどそういうマーケットではなかった。布・布・布!

f:id:snusmumriken2016:20170228234606j:image

野菜からなにから何でも路上で売っている市場でランブータンを買って食べた。日本じゃめったに手に入らないからなー。サラトラベルのブログにあったニーム石鹸を発見!「美肌の女王だよ!」というとみんな食いついたが、石油のような匂いがするのは普通なんだろうか?日焼けに良いということで、ここにきてついにタナカを買ってみる。

f:id:snusmumriken2016:20170228234646j:image

その後、総チーク造りの僧院に向かうが入場料の高さに反対に遭い見物を断念。代わりに行った無料で入れるクドードォ寺院で、タイから来たという高僧が説法しているのを聞いた。ハスの花を持って周囲に優しげに話しかける姿はなんともエキゾチックで、何を言っているかわからないのに「ありがたや〜」と言いたくなる雰囲気があった。偶然行ったのに思いのほか良い体験ができて嬉しかった。

f:id:snusmumriken2016:20170228234907j:image

夕陽を見にマンダレーヒルに向かう。日没まで時間はたっぷりあり、ここでまたしばし強制英会話。学校で何年も習うよりここで3日間無理やりしゃべるほうがよほど英語力が上がる。

f:id:snusmumriken2016:20170228235147j:image

雲が多く夕日は見られず。だってミャンマー、雨季だからね。みんなで夕食を食べた。食べながら中国人3人はこういう時にピッタリの言葉があると言いながら、説明できない、したらしたでそれはちょっと違う、じゃあアンタが説明しなさいよ!みたいなやり取りがあり、最終的にはお決まりの筆談となった。それは「縁份」という言葉で、いい運命や廻りあわせのことを指すんだそうだ。今日の私たちはまさにそうだねと言いつつ宿に帰った。

f:id:snusmumriken2016:20170228235543j:image

中国人女子2人のうち1人は明日マンダレー空港から帰国、もう一人はバスでインレー湖へ向かうそうで、私もインレー湖に行くけど飛行機なので空港までタクシーシェアすることになり、全般的に交通費が安く上がった。中国人はしっかり交渉するのでなんでも安くなってありがたい。

もはや腐れ縁になりかけているリウともさすがにここでお別れなので、好きだと言っていたクマモンのウェットティッシュをあげた。