読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと旅してくる

わが身ひとつで気ままに生きる。

ミャンマーの旅 5日目

朝4時起床。荷造り中にkindleがないことに気づく。そういえば機内で何か読んだあと見た記憶がない。エア・カンボーザに忘れてきたか?まあ仕方ない。パスポートでなかっただけマシだと思おう。何か別の大きなトラブルの身代わりになってくれたのかもしれないし。

f:id:snusmumriken2016:20170227131102j:image

ボートクルーズは予定よりちょい早めの5:20に出航した。今日はイラワジ川を遡りほぼ1日かけてマンダレーに向かう。

船員は10人近くいるのに、乗客はなんと私一人!いやーなんか申し訳ない…と思ったけど、facebookに「貸切だね!」というコメントがついて、なるほどと思った。そうか貸し切り。なるほど。

念のためエア・カンボーザのHPから忘れ物をしまして…というメールを送った。期待はしていない。

 f:id:snusmumriken2016:20170227131124j:image

ボートは最初だいぶ寒く感じたけど、日が昇ったあとはそれほどでもなかった。川だから揺れないのもいい。川べりには放牧の牛、ヤシの葉の家、魚釣りの小さなボート、豚と自分を洗う人、ヤシの木、小さなパゴダ、川面ギリギリまで畑。丸裸の幼児は手を振ってくれる。変わり映えのない、でもどれひとつ同じもののない景色が続いていく。

11時、同じMGRGの船とすれ違った。下りの船はけっこう人が乗っているじゃないか!おおよそ半分ぐらいまで来たということかな。

リウからメール、マンダレーは私と同じホテルを取ったらしい。マンダレーについたらルビーが見たいな。

11:30、お昼ごはんが出た。野菜炒め2種類とごはん。中華味で普通においしい。今日はひつじ雲多めのいい天気で、川風が気持ちいい。

f:id:snusmumriken2016:20170228232538j:image

14時、めずらしく船員が話しかけてきた。16時に着くと言われたのかあと4時間かかると言われたのかよくわからない。位置からすると16時には着きそうだけど。

f:id:snusmumriken2016:20170228232516j:image

船のトイレは川の水を使っているらしく、それはいいけど手を洗う水も明らかに川の水。手を洗う意味がない気がしてウエットティッシュを使用。

16時前にマンダレー到着、船の中にまでタクシードライバーが入ってきて客引きをしている。

 

まだ明るいし体力もあるのでホテルで自転車を借りてそこら辺の見物に出発したが、とんでもないことになった。テレビで見るような東南アジアの自転車とバイクと車の洪水。身の危険を感じて路肩をゆっくり走ると子供が物乞いをしてくる(無視していればすぐ諦める)。見たかった雑貨屋に行くもやっぱり漆器が雑でお土産候補から完全に脱落した。

夕食後、ホテルのロビーでリウと会った。リウは僧侶の托鉢見物とアマラプラという夕陽スポットに行きたいらしく、タクシーをシェアしないかと言ってきた。一緒に行けば金銭的には楽だろうと思いつつ、申し訳ないけど断った。

本当はあそこ行きたくなかったのに時間勿体なかったとか後から思いたくないし、明日の道中でそう思って不機嫌になって、でもそれを英語でうまく伝えられずにイライラする自分が思い浮かんだから。

私はまだはっきりと明日の行先を決めているわけではないが、少なくともリウの行きたいところに興味はなかった。手持ちのお金をちゃんと数えて、明日何ができるのかを考えなければ。

 f:id:snusmumriken2016:20170228232721j:image

客室の内線電話。メッチャかわいい…。